[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡堅樹、有終の美 会見一問一答「本当にやらない?基本的にはその予定です(笑)」

ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。今季限りで引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は、前半30分にトライを決めるなど有終の美を飾った。

今季限りで引退するパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】
今季限りで引退するパナソニックの福岡堅樹【写真:Getty Images】

有終トライ決めた福岡、記者会見で語った言葉とは

 ラグビーの日本選手権を兼ねたトップリーグ(TL)のプレーオフトーナメント決勝が23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、パナソニックが31-26でサントリーを下し、5季ぶり5度目の優勝(三洋電機時代含む)を飾った。現行システムでは最後となるトップリーグで優勝5度はサントリーに並ぶ最多。今季限りで引退する2019年ラグビーW杯日本代表WTB福岡堅樹は、前半30分にトライを決めるなど有終の美を飾った。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 現役ラストマッチで持ち味を発揮した。前半30分、福岡は左サイドで松田からの飛ばしパスを受けると、狭いスペースに突進。最後はボーデン・バレットを振り切って左隅にトライを決めた。これがラグビー人生最後のトライ。チームもサントリーの反撃をしのぎ切った。

 試合後の記者会見での一問一答は以下の通り。

――スタンドには横断幕もたくさんあった。ファンに伝えたいことは?

「とにかくずっと僕自身、パナソニック、日本代表を応援してくださったことに感謝を伝えたい。応援があったからこそ努力を続けてこられた。これからはサポートしてもらったことに恩返しできたらいいなと思っています」

――試合終了の瞬間感じたことは?

「本当に良かったなと。そのためにこれまでやってきた。大学に入学してからはハードなスケジュールでやってきた。努力が実ったので本当に嬉しかった。ラグビー人生に関しては……自分自身まだ実感がない。離れてみて感じる部分はあると思います。確実に言えるのは、自分がやりたいことはやり切ることができた。後悔はない」

――本当にやらない?

「基本的にはその予定です(笑)」

――優勝して終われるようにと以前から話していた。受験や授業もあって大変だったと思うがどういうことを意識しながらやってきたのか?

「やっぱり今までラグビーに全てを費やす生活とは大きく変わって、今までやってきたままではコンディションの調整も難しかった。限られた時間をいかに有効に使えるか。移動だったり、怪我をしないようにとか。しっかりコントロールしてパフォーマンスを上げられるように試行錯誤してここまでやり抜くことが出来たと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集