[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ビーチバレー女子、東京五輪決定ペアが敗者にかけた言葉とは「すぐに言ってくれて…」

ビーチバレー女子の東京五輪日本代表決定戦は23日、東京・ドーム立川立飛で決勝が行われ、石井美樹(荒井商事・湘南ベルマーレ)・村上めぐみ(オーイング)組が鈴木千代(クロス・ヘッド)・坂口由里香(大樹グループ)組に2-0(21-16、21-12)で勝利。開催国枠で東京五輪代表に決定した。敗れた鈴木・坂口組は試合後「打っても打っても拾ってくる」などと勝者を称えた。

ビーチバレー女子決勝で敗れた鈴木千代(右)・坂口由里香組【写真:石渡史暁】
ビーチバレー女子決勝で敗れた鈴木千代(右)・坂口由里香組【写真:石渡史暁】

決勝で石井・村上組に敗れ五輪代表切符の獲得ならず

 ビーチバレー女子の東京五輪日本代表決定戦は23日、東京・ドーム立川立飛で決勝が行われ、石井美樹(荒井商事・湘南ベルマーレ)・村上めぐみ(オーイング)組が鈴木千代(クロス・ヘッド)・坂口由里香(大樹グループ)組に2-0(21-16、21-12)で勝利。開催国枠で東京五輪代表に決定した。敗れた鈴木・坂口組は試合後「打っても打っても拾ってくる」などと勝者を称えた。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 ねじ伏せられた。鈴木・坂口組の決勝の相手は、国内ランク1位の石井と同2位の村上のペア。22日の2回戦でも対戦して金星を挙げていたが、この日は石井の強烈なサーブとスパイク、村上の技術の前に苦しみ、0-2のストレート負け。敗者復活から勝ち上がってきた実力者に屈した。

 坂口にとっては、石井はビーチバレーで最初にペアを組んだ選手。村上も以前の所属先が同じで「ずっと背中を追いかけてきた先輩」だった。「打っても打っても拾ってくる。『もっと早く攻撃しないと』という気持ちにさせられて、いつも通りのプレーができなかった」と完敗を認めた。

 試合後は健闘を称え合った相手から、嬉しい言葉ももらったという。石井・村上組はこの後、ワールドツアーに参戦予定。そこでランキングを上げれば、今大会で2位になった鈴木・坂口組の東京五輪出場の可能性も出てくるという。鈴木は「『もう1枠取って来るから』とすぐに言ってくれて。自分たちが勝って嬉しいはずなのに、自分たちより私たちのことを考えてくれたのが嬉しい」と感激した様子で声を震わせた。

 東京五輪に出場できなくなった時点で、一度ペアを解消することが決まっている。今後はまだ分からないが、坂口は「とりあえずゆっくりして、気持ちの整理ができたら、チームで話し合いをして、納得する道を歩めるようにしたい」と語っていた。東京五輪には日本から最大2組が出場可能で、残る1枠は6月14日付のオリンピックランキングで上位15チームに入るか、同18日から始まるアジア最終予選で優勝することが条件となる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集