[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福岡堅樹、有終の美 会見一問一答「本当にやらない?基本的にはその予定です(笑)」

異例の転身、後輩たちへ「1つの可能性として捉えてもらえれば」

――試合後に日本代表でプレーした流大選手と言葉を交わすシーンもあった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「試合の時点では間違いなく敵。100%勝つ気でやります。終わった後は、大(ゆたか)からも『お疲れさま』と言ってもらった。小学校から切磋琢磨してやってきた仲間なので。僕もありがとうという気持ちでした」

――今後選手としてではなく、ラグビーに携わることはあるか?

「はっきりと言い切ることはできないが、ラグビーにはずっとお世話になってきましたし、何かしら貢献できるものがあれば、少しでも貢献できればと思います。プレーヤーとしてではないと思いますが、何か少しでもラグビー界の発展に貢献できればとは思います」

――医師としての目標に向けて、人間としてどう磨いていきたいか?

「色々と学んでいく中で、怪我や病気を治すことだけにフォーカスするのではなくて、その後の人生を考えてどういう選択ができるか。技術は発展していくと思いますが、心の部分だったり、診断の精度ということに関しては人間が基本になる。そういうところは高めていきたい。自分自身、怪我人だった経験もありますし、そういう部分では共感できるところもある。そういうところを強みにして伸ばしていきたい」

――トライシーンを振り返って。終了の瞬間はすぐに周りに駆け寄るわけではなかった。1人の時間を楽しんでいたのか?

「あのシーンは(松田)力也とコミュニケーションが取れていた。目が合った。外のスペースを有効に使えました。自分の中では、いつもの形だった。あの形はとりきれる形だったので、いつも通り自分らしく走り切りました。終わった瞬間は、ホッとしたというのがある。後半は競った展開で、何か一歩違えば逆転されていた。だから、ああ良かったという気持ちがこみ上げました。自分自身、これでラグビーすることはないんだなと……じわじわ感じる部分はありました」

――トップアスリートから医師の道は珍しい。改めて後輩アスリートにはどんな思いを伝えたいか?

「今ラグビー界もプロ化が進んでいる。セカンドキャリアがネックになって踏み出せない選手もいる。色々な道を示すのは、前例がないからと諦めていた選手に対して、こういう挑戦の道もあるんだと。そうした1つの可能性として捉えてもらえれば嬉しいなと思います」

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集