[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

WBSS王者テイラーが4団体統一の快挙 強烈左アッパーで2度ダウン、打撃戦で判定勝ち

ボクシングの世界スーパーライト級4団体統一戦が22日(日本時間23日)、米ラスベガスで行われ、WBAスーパー&IBF王者ジョシュ・テイラー(英国)がWBC&WBO王者ホセ・ラミレス(米国)に3-0で判定勝ち(三者とも114-112)した。史上6人目となる4団体統一の快挙を達成。米興行大手・トップランク社は、クリンチの離れ際に放った左アッパーのダウン動画を公開している。30歳のテイラーは18勝(13KO)、28歳のラミレスは26勝(17KO)1敗でプロ初黒星。

ジョシュ・テイラー(左)がホセ・ラミレスに判定勝ちした【写真:AP】
ジョシュ・テイラー(左)がホセ・ラミレスに判定勝ちした【写真:AP】

世界スーパーライト級4団体統一戦、テイラーがクリンチの離れ際にアッパー炸裂

 ボクシングの世界スーパーライト級4団体統一戦が22日(日本時間23日)、米ラスベガスで行われ、WBAスーパー&IBF王者ジョシュ・テイラー(英国)がWBC&WBO王者ホセ・ラミレス(米国)に3-0で判定勝ち(三者とも114-112)した。史上6人目となる4団体統一の快挙を達成。米興行大手・トップランク社は、クリンチの離れ際に放った左アッパーのダウン動画を公開している。30歳のテイラーは18勝(13KO)、28歳のラミレスは26勝(17KO)1敗でプロ初黒星。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 激しい試合となった。3回、ラミレスが手数を増やして攻勢に。ボディーフックなどでサウスポーのテイラーを下がらせた。しかし、6回にはラミレスが右ストレートで踏み込んだところに、テイラーの左ショートが炸裂。カウンターでダウンを先取した。7回にはクリンチの離れ際に強烈な左アッパーを入れて2度目のダウンを奪ってみせた。終盤はラミレスが猛攻を仕掛けたが、テイラーが凌ぎ切った。

 長いボクシング史で4団体統一を果たしたのは、スーパーライト級のテレンス・クロフォード、ミドル級のバーナード・ホプキンスとジャーメイン・テイラー(いずれも米国)、クルーザー級のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)、ライト級で昨年10月にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)を破ったテオフィモ・ロペス(米国)の過去5人、スーパーライト級では2人目となった。

 テイラーは2019年10月にワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)で優勝。米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で9位につけている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集