[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ビーチバレー女子、熾烈な東京五輪代表争い 決勝は鈴木・坂口組VS石井・村上組に決定

ビーチバレー女子の東京五輪日本代表決定戦は23日、東京・ドーム立川立飛で準決勝が行われ、鈴木千代(クロス・ヘッド)・坂口由里香(大樹グループ)組と石井美樹(荒井商事・湘南ベルマーレ)・村上めぐみ(オーイング)組がそれぞれ勝利し、決勝進出を決めた。この後、午後2時から決勝戦が行われ、優勝ペアは開催国枠での東京五輪代表となる。

決勝進出を決めた石井美樹・村上めぐみ組【写真:石渡史暁】
決勝進出を決めた石井美樹・村上めぐみ組【写真:石渡史暁】

優勝ペアが開催国枠で五輪代表に決定

 ビーチバレー女子の東京五輪日本代表決定戦は23日、東京・ドーム立川立飛で準決勝が行われ、鈴木千代(クロス・ヘッド)・坂口由里香(大樹グループ)組と石井美樹(荒井商事・湘南ベルマーレ)・村上めぐみ(オーイング)組が決勝進出を決めた。決勝は午後2時から行われ、優勝ペアは開催国枠で東京五輪代表となる。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 鈴木・坂口組は準決勝で長谷川暁子(NTTコムウェア)・二見梓(東レエンジニアリング)組と対戦。第1セットを18-21で落とすも、第2セットはデュースにもつれ込む接戦を24-22で制す。第3セットではマッチポイントで鈴木の見事なブロックが決まり、逆転で決勝進出を決めた。

 国内ランク1位の石井、同2位の村上の優勝候補ペアは、敗者復活戦を勝ち上がって迎えた準決勝。西堀健実・溝江明香組(ともにトヨタ自動車)に対し、サーブで厳しく攻めた。第1セットを21-15で先取すると、第2セットも奪って2-0のストレート勝ち。決勝は、2回戦で敗れた鈴木・坂口組とのリベンジマッチとなる。

 今大会はチーム2人の「FIVB開催国枠ランキングポイント」を合計した上位6チームが出場。東京五輪には日本から最大2組が出場可能で、今大会の優勝ペアが開催国枠で出場が決まる。残る1枠は6月14日付のオリンピックランキングで上位15チームに入るか、同18日から始まるアジア最終予選で優勝することが条件となる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集