[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が右前二塁打! 隙を逃さない驚異的走塁に米記者「この大男は走れるのだ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で先発。6回の第3打席に驚異的走力を見せ、“右前二塁打”を放った。MLB公式ツイッターは動画を公開すると、米記者は「とにかく速い!」「この大男は走れるのだ」と驚いている。

第3打席に二塁打を放った大谷翔平【写真:AP】
第3打席に二塁打を放った大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平が快足を飛ばして右前二塁打

  米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、本拠地アスレチックス戦に「2番・DH」で先発。6回の第3打席に驚異的走力を見せ、“右前二塁打”を放った。MLB公式ツイッターは動画を公開すると、米記者は「とにかく速い!」「この大男は走れるのだ」と驚いている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 この打球を二塁打にしてしまった。0-3の6回2死走者なし。大谷は内角ボール球に手を出してしまった。しかし、詰まらされた打球は二遊間を抜けて行く。下がっていた右翼手が打球処理に向かう中、大谷はギアを上げて二塁へ激走した。慌てて返球されたが、間に合わない。隙を逃さない右前二塁打となった。

 MLB公式ツイッターは動画を公開し、米記者はツイッターで続々と報じている。MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者は「オオタニがスピードを見せつけた。センターへのゴロ安打だったが、ハッスルして二塁打とした」と速報。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「エンゼルス2本目の安打。ショウヘイ・オオタニが簡単なシングル性の安打を二塁打にした。この大男は走れるのである」と反応した。

 米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は「ショウヘイ・オオタニの二塁打の時のスピードは秒速29.2フィート。MLB平均の27フィートを大きく上回り、エリートレベルの30フィートには僅かに及ばなかった。とにかく速い!」とつづっている。大谷は4打数2安打1打点と活躍。しかし、チームは2-6で3連敗を喫した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集