[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

名審判の“引退試合”で粋な計らい ドルトムントFWに海外称賛「サッカーは美しい」

海外サッカーで選手が見せた審判への粋な計らいが称賛されている。ドイツ1部ブンデスリーガ・ドルトムントの20歳FWアーリング・ハーランド(ノルウェー)は、今季最終節のレバークーゼン戦の試合終了後、今季で引退する主審とユニホームを交換。海外メディアが動画を公開すると、「感動の別れ」「サッカーは美しい」などと注目を集めている。

ドルトムントのアーリング・ハーランド【写真:AP】
ドルトムントのアーリング・ハーランド【写真:AP】

今季最終戦、主審とユニホームを交換したシーンとは

 海外サッカーで選手が見せた審判への粋な計らいが称賛されている。ドイツ1部ブンデスリーガ・ドルトムントの20歳FWアーリング・ハーランド(ノルウェー)は、今季最終節のレバークーゼン戦の試合終了後、今季で引退する主審とユニホームを交換。海外メディアが動画を公開すると、「感動の別れ」「サッカーは美しい」などと注目を集めている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 なかなか見られない光景だ。試合後の一幕。ハーランドはマヌエル・グレーフェ主審とハグをして言葉を交わしている。すると、ユニホームを脱いだ。他の選手たちが挨拶に来る中、グレーフェ主審も同じように対応。主審と選手の珍しい“ユニ交換”だ。

 ハーランドの振る舞いにドイツのスポーツ専門誌「キッカー」も「ハーランドとユニフォーム交換 『まるで選手のよう』グレーフェの感動の別れ」との見出しで注目。「彼にとってブンデスリーガ289試合目がラストマッチとなった」とグレーフェ主審が今季で引退することを伝えている。

 記事によると、グレーフェ主審は年齢制限でこの試合が最後になったという。さらに「セレモニーで家族の写真と『Danke(ありがとう)』の文字が入ったTシャツを着ていた」と説明。現地放送局「Sky」のインタビューで「今日は本当に感動した。これ以上の終わり方はない。まるで選手のように送ってもらえるとはとてもすごいこと」と話したことも紹介されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集