[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、意表突く快足セーフティーに米記者絶賛「何でもできる」「めちゃくちゃ速い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で出場した。今季4度目の“リアル二刀流”出場で投げては4回2/3で5安打2失点、5奪三振だった。降板後には右翼の守備に就き、打撃では3打数1安打。6回の第3打席では三塁前に転がす絶妙なセーフティーバントを決めた。米記者が実際の動画を公開している。

第3打席でセーフティーバントを決めた大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席でセーフティーバントを決めた大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地インディアンス戦に「2番・投手」で先発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で出場した。今季4度目の“リアル二刀流”出場で投げては4回2/3で5安打2失点、5奪三振だった。降板後には右翼の守備に就き、打撃では3打数1安打。6回の第3打席では三塁前に転がす絶妙なセーフティーバントを決めた。米記者が実際の動画を公開している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷はこんな事も出来る。6回先頭で迎えた第3打席、初球だった。右腕シベルの内角高めファストボールに対してバットを横に倒した。やや後ろ目に守っていた三塁手の前に転がす絶妙なバント。快足を飛ばして駆け抜けた背番号17は悠々セーフになった。

 セーフティーバントを決めるのは今季2度目。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニは右翼手になりバント安打」と記して動画付きで投稿。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者も「6回先頭のショウヘイ・オオタニがバント安打。彼は本当に何でもできる」とツイートし称賛を寄せている。

 また米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏は大谷の快足ぶりに注目。自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニのバント安打の時のスピードは秒速29.9フィート。30フィートでエリートレベルなので、めちゃくちゃ速い」と記載している。

 続く打者の初球にスチールを試みるも失敗。アグレッシブな姿勢は実らなかったが、打者としても存在感を放っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集