[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“いつもと違う”大谷翔平、ストンと落とした宝刀スプリットに米注目「エゲツない球だ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で出場した。4回まで1失点という立ち上がりを見せている中で、米国の投球分析家は絶妙に沈むスプリットに注目。動画付きで脚光を浴びせている。

「2番・投手」で出場している大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で出場している大谷翔平【写真:AP】

本拠地インディアンス戦に「2番・投手」で先発

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地のインディアンス戦で「2番・投手」で出場した。4回まで1失点という立ち上がりを見せている中で、米国の投球分析家は絶妙に沈むスプリットに注目。動画付きで脚光を浴びせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷の宝刀スプリットが冴えた。2回2死一塁。ヘッジズに対してカウント2-2からの5球目だ。外寄りにストライクゾーンに、ストンと落とす84マイル(約135.1キロ)のスプリットを振らせた。この日4つ目の三振を奪い、軽快にマウンドを降りた。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏はこのスプリットに注目。自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニの84マイルのエグいスプリット」と添えて動画付きで投稿すると、現地ファンからは「指折りの狂気さ」「エゲツない投球だ」「ベーブの再来」「現実世界の人間じゃない」「今日の配球はいつもと違う」「MLBに現れたエイリアン」などとコメントが集まっている。

 この日の大谷は直球の球速は150キロ前後にとどまっているが、スライダー、スプリットを効果的に使いインディアンス打線を封じている。

 前日17日(同18日)の同カードでは両リーグ単独トップとなる14号ソロを放つなど絶好調の打撃では第1打席では三直。3回の第2打席では快音を残すも中直だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集