[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「リズムに混乱させられた」 世界女王の“揺さぶり”が敗因とWTA分析

テニスの全豪オープンは22日、女子シングルス4回戦で世界ランク72位の大坂なおみ(日清食品)は同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6、2-6で敗れ、四大大会初のベスト8入りはならず。対峙した世界女王は試合後の場内インタビューで「ナオミは巧みにボールの芯を捉えて打ってくる」と日本の20歳を称えつつ、「できるだけ動かして揺さぶった」と勝因を明かした。

大坂なおみを撃破したシモナ・ハレプ【写真:Getty Images】
大坂なおみを撃破したシモナ・ハレプ【写真:Getty Images】

世界NO1のハレプにストレート負け…左右に振られて強打を封じられる

 テニスの全豪オープンは22日、女子シングルス4回戦で世界ランク72位の大坂なおみ(日清食品)は同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に3-6、2-6で敗れ、四大大会初のベスト8入りはならず。対峙した世界女王は試合後の場内インタビューで「ナオミは巧みにボールの芯を捉えて打ってくる」と日本の20歳を称えつつ、「できるだけ動かして揺さぶった」と勝因を明かした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 お互いにサービスゲームをキープして迎えた第1セットの第6ゲーム、大坂はブレークチャンスを6回迎えるも、粘るハレプを打ち崩せず。逆に、続く第7ゲームでサービスゲームを失うと、第1セットは3-6で奪われてしまった。

 第2セットは第1ゲームをブレークするも、第2ゲームから4ゲーム連取を許した。今大会は190キロを超える弾丸サーブと強力かつ正確なショットで強敵を打ち破ってきたが、この日は百戦錬磨のハレプに勝負ショットが通じず。リズムに乗れないまま第2セットも2-6で落とし、無念のストレート負けとなった。

「ナオミは本当に巧みにボールの芯を捉えて打ってくる。私はそれを分析していたので、彼女をできるだけ動かして揺さぶらなければならなかった。それが上手くいった結果がこの勝利につながりました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集