[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳西村優菜が“プラチナ世代”初のメジャーV 通算14アンダー、3打差逆転でプロ2勝目

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ最終日が9日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。首位と3打差の2位で出た西村優菜(スターツ)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算14アンダーで逆転優勝を果たした。2000年度生まれの“プラチナ世代”では、初の国内メジャー優勝者となった。

“プラチナ世代”では、初の国内メジャー優勝者となった西村優菜【写真:Getty Images】
“プラチナ世代”では、初の国内メジャー優勝者となった西村優菜【写真:Getty Images】

ワールドレディスサロンパスカップ最終日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ最終日が9日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。首位と3打差の2位で出た西村優菜(スターツ)が6バーディー、1ボギーの67で回り、通算14アンダーで逆転優勝を果たした。2000年度生まれの“プラチナ世代”では、初の国内メジャー優勝者となった。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 西村は1番パー5で幸先良くバーディーを奪うなど、前半で2つ伸ばす。後半も12、13番と連続でバーディーを記録するなど、4日間を通じてアンダーパーで回る安定感を発揮した。昨年の「樋口久子 三菱電機レディス」以来、プロ2勝目。古江彩佳(富士通)、安田祐香(NEC)ら実力者が揃う2000年度生まれの“プラチナ世代”では、初めての国内メジャー制覇者となった。

 首位で最終日を迎えた高橋彩華(東芝)は12番パー4でダブルボギーを叩くなどスコアを2つ落とし、通算10アンダーで5位。2位タイには11アンダーで臼井麗香(ディライトワークス)、大里桃子(伊藤園)、稲見萌寧(都築電気)の3人が入った。

【主な選手の最終成績】
優勝(-14)西村優菜
2位(-11)臼井麗香、大里桃子、稲見萌寧
5位(-10)高橋彩華
6位(-9)ユン・チェヨン
7位(-8)上田桃子
8位(-7)古江彩佳、山下美夢有

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集