[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高山勝成、TKO負け直後に“俊敏シャドー” 続行アピールに米注目「衝撃的」「勇敢だ」

ボクシングのWBO世界ライトフライ級タイトルマッチが8日(日本時間9日)、米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われ、王者エルウィン・ソト(メキシコ)が同級11位・高山勝成(寝屋川石田)に9回TKO勝ちした。最後はレフェリーストップとなったが、直後に高山はリング上でシャドーを披露し、まだまだ行けるとアピール。実際の映像を米メディアが公開すると「サムライ」「クレイジーだ」などと米ファンから反響が寄せられている。

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチでTKO負けした高山勝成【写真:AP】 
WBO世界ライトフライ級タイトルマッチでTKO負けした高山勝成【写真:AP】 

王者ソトに敗れ2階級制覇はならず

 ボクシングのWBO世界ライトフライ級タイトルマッチが8日(日本時間9日)、米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われ、王者エルウィン・ソト(メキシコ)が同級11位・高山勝成(寝屋川石田)に9回TKO勝ちした。最後はレフェリーストップとなったが、直後に高山はリング上でシャドーを披露し、まだまだ行けるとアピール。実際の映像を米メディアが公開すると「サムライ」「クレイジーだ」などと米ファンから反響が寄せられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 俊敏な動きでアピールした。レフェリーストップで敗戦が決まった高山。すると、直後にリング上でシャドーボクシングを始めた。ゴールドのグラブをはめた両腕で、素早いパンチを繰り出している。まだまだできると伝えているようだ。集まった大観衆からも歓声が上がっている。

 実際の映像を、米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式ツイッターが公開。「タカヤマは今か今かと待ちきれない」などと文面につづった。米ファンからは「新しく好きになった選手!」「サムライ」「勇敢だ」「卓越している」「衝撃的だ」「クレイジーだ」「また戦ってくれ」などと反響が寄せられている。

 この日はメインイベントでカネロことサウル・アルバレス(メキシコ)が登場したこともあり、会場には7万3000人を超える観客が集まった。2階級制覇は逃した高山だったが、試合後の動きで注目されていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集