[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、凡打で叩き出した驚きの数値 “秒速30フィート”に米記者「とても速い!」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。メジャー屈指の左腕カーショーと対戦した第1打席は凡退したが、もう少しで内野安打という抜群のスピードを披露。米識者が動画を公開し、驚きをつづっている。

2番・DHで出場の大谷翔平【写真:AP】
2番・DHで出場の大谷翔平【写真:AP】

第1打席で激走、第3打席には3試合連続安打も記録

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。メジャー屈指の左腕カーショーと対戦した第1打席は凡退したが、もう少しで内野安打という抜群のスピードを披露。米識者が動画を公開し、驚きをつづっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 高い走力が注目されている。0-0の1回1死走者なし、カウント1-2からの4球目だ。外角高めに投じられたカーショーの87マイル(約140キロ)をセンター方向へ打つも、二塁ベース付近に寄っていた三塁手が一塁へ送球。大谷は快足を飛ばすもわずかに間に合わなかった。

 この凡退シーンですら、驚きの数字が叩き出されていたようだ。MLB公式サイトでアナリストを務めるマイク・ペトリエロ氏はツイッターで「ショウヘイ・オオタニ、あと少しでアウトにはならなかったのに」と文面に驚きをつづり、実際の動画を公開。また、米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するスポーツジャーナリストのサラ・ラングス氏はツイッターにこのように記している。

「ショウヘイ・オオタニ、ゴロを秒速30フィート(約時速32.9キロ)のスプリントはもう少しでセーフ。かなりギリギリ、とても速い! 秒速30フィート=エリート。秒速27フィート(約時速29.6キロ)=MLB平均」

 大谷のスピードは、MLBでも“エリート級”であると称賛されていた。続く4回の第2打席は空振り三振に終わった大谷だが、6回の第3打席に右前打を放って3試合連続安打を記録。7回の第4打席は二塁手の失策で出塁した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集