[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初V王手高橋彩華「トップ10でいいやと思っている」 今年は何度もV逸、無心で最終日へ

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日が8日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。22歳の高橋彩華が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算12アンダーで単独首位をキープ。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代の一人が、悲願の初優勝へ王手をかけた。

高橋彩華【写真:Getty Images】
高橋彩華【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第3日が8日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で行われた。22歳の高橋彩華が3バーディー、ボギーなしの69で回り、通算12アンダーで単独首位をキープ。渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代の一人が、悲願の初優勝へ王手をかけた。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋の初優勝がすぐそこまで来た。4番で5メートルのバーディーパットを入れると、11番は残り100ヤードから50度ウェッジで、16番は残り140ヤードから9アイアンでともに3メートルにつけて伸ばした。ここまで逃し続けた初優勝に王手。ラウンド後はこう振り返った。

「昨日までよりピン位置が難しかったけど、落ちついてゴルフができたと思います。上がってみてノーボギーに気づいた。難しいパットも何個かあったけど、うまく入れられた。ショットも比較的安定していました」

 前週までの9試合で首位発進が2度、2位発進が1度と好スタートを繰り返し、3週前は第2日に首位に立った。しかし、最終日に崩れて15位。9試合で3位が2度あったが、黄金世代10人目の優勝にはあと一歩で届いていない。今年最初の国内メジャー。絶好の位置で最終日を迎える。

 しかし、本人は2位と3打差について「トップ10に残る良い貯金ができたと思っています」とポツリ。これまで優勝を逃したことで、母から「トップ10でいいよ」と言葉をもらった。意識しないように心掛け「(優勝が)チラつかないようにしています。トップ10でいいやと思うようにしています」と貫いた。

 この日は上田桃子と同組に。前週も通算16勝目を挙げた07年賞金女王と回り「自分に何かプラスになることがあればいいなと思って回った。上田さんはずっと『気持ちが平らだな』と思いました」と平常心の姿に目が留まった。3打差の2位につけた西村優菜、大里桃子、西郷真央に追われる展開。大里、4打差5位の臼井麗香は同じ黄金世代だ。

 高橋は「あまり意識はしていないけど、負けたくはないと思います。2人は普通に仲の良い友達。明日も今日までみたいに自分らしいプレーができたらいいスコアが出る。そこを心掛けたい。優勝するために必要なのは自分をコントロールする力」と冷静に残り18ホールを回る。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集