[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“悪球打ち”のフェン直二塁打に米記者仰天「この球をもう少しで本塁打に…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続での適時二塁打を放つなど、5打数2安打2打点だった。9-2で勝利したチームの連敗ストップに貢献。6回に泳がされながらもフェンスにぶち当てた右越え二塁打は、見逃せばボール球だった“悪球”打ちに米記者が注目している。

ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
ドジャース戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ボール球を打った二塁打に米記者「ホームプレートから15センチ離れた球を…」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。2打席連続での適時二塁打を放つなど、5打数2安打2打点だった。9-2で勝利したチームの連敗ストップに貢献。6回に泳がされながらもフェンスにぶち当てた右越え二塁打は、見逃せばボール球だった“悪球”打ちに米記者が注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 このボールを打たれるのだから投手はたまらない。大谷は6回2死二塁での第4打席、ドジャースの右腕ケリーの外へ逃げる87マイル(約140キロ)チェンジアップに対して、長い腕を目いっぱい伸ばした。見逃せば明らかにボール球だったが、泳がされながらも捉えると、最後は右手一本になったが打球は右翼フェンスを直撃した。

 この前の打席では詰まりながらもレフトオーバー。そしてこの打席では“悪球打ち”でフェン直。これに米スポーツ専門局「ESPN」のレポーターのアルデン・ゴンザレス氏も自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは腕を伸ばした状態でホームプレートから0.5フィート(約15センチ)離れた球を右中間に運んだ。クレイジー」と驚愕をつづっている。

 また米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者は自身のツイッターに大谷がインパクトする瞬間の画像を公開。ボール2つ分はストライクゾーンを外れていることから、「ショウヘイ・オオタニが、この球をあともう少しで本塁打にしそうになったことを理解したい」と悪球打ちに驚いている。

 今季10度目のマルチ安打を記録し、打点も26に伸ばしリーグ2位タイに浮上している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集