[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、詰まりながらも力で運んだ 169km左越え二塁打に米記者称賛「また力強い打球」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席でレフトオーバーの適時二塁打を放った。打球速度104.7マイル(約168.5キロ)の一打を米記者が動画付きで速報している。

5回の第3打席でレフトオーバーの適時二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
5回の第3打席でレフトオーバーの適時二塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」でスタメン出場。5回の第3打席でレフトオーバーの適時二塁打を放った。打球速度104.7マイル(約168.5キロ)の一打を米記者が動画付きで速報している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が逆らわずにはじき返した。3点リードの5回1死一塁で迎えた第3打席。ここまで4勝の左腕ウリアスの高め94マイル(約151キロ)を叩くと、やや詰まり気味ながら左翼の頭を越えた。大谷は悠々と二塁に到達。一塁走者のフレッチャーが激走し生還。貴重な追加点を生み出した。

 3打席目で生まれた適時打を続々と米記者もツイッターで速報している。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニのスイングに嘘はない。ポロックの頭上を越える打球速度104.7マイルのタイムリー二塁打を放った」と記せば、米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏も「オオタニがフレッチャーを返す適時二塁打。彼はボールを良く見えている」と伝えた。

「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者は動画付きで脚光を浴びせ、「バレル率のランキングでメジャー全体を引っ張るショウヘイ・オオタニがまたも力強い打球を見せた。打球速度104.7マイルでレフト方向に飛ばした」と称えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集