[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 女王メドベージェワ、2年ぶりにSP1位逃す 米記者速報「ザギトワに打ち負かされた」

女王メドベージェワ、2年ぶりにSP1位逃す 米記者速報「ザギトワに打ち負かされた」

フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は18日、女子ショートプログラム(SP)で15歳アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の80.27点で首位に立った。右足の故障から復帰したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は78.57点で2位。昨季から個人戦全勝の世界女王がSP、フリーを含め、1位を逃すのは、実に2年ぶりという驚きの展開となった。

エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ、アリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

欧州選手権SP、ザギトワに次ぐ2位…フリー含め、2位以下は16年世界選手権以来

 フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は18日、女子ショートプログラム(SP)で15歳アリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位の80.27点で首位に立った。右足の故障から復帰したエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は78.57点で2位。昨季から個人戦全勝の世界女王がSP、フリーを含め、1位を逃すのは、実に2年ぶりという驚きの展開となった。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 メドベージェワが1位の座を明け渡した。右足の故障から復帰戦となった世界女王は78.57点の高得点をマーク。しかし、それを上回ったのは、練習パートナーでもある後輩15歳、ザギトワだった。浅田真央の78.66点を超え、自身に続き、史上2人目の80点超をマーク。フリーで逆転を狙うことになった。

 これによって驚きは、2年ぶりに2位以下となったことだ。米国のフィリップ・ハーシュ記者も「エフゲニア・メドベージェワはヨーロッパ選手権で練習パートナーのアリーナ・ザギトワによって上回られた。2016年に行われた世界選手権で首位を取ったグレイシー・ゴールド以来、メドベージェワは初めてプログラムで打ち負かされた」と自身のツイッターで紹介している。

 当時の世界選手権では3位から逆転優勝。昨シーズンは個人戦の出場6試合、SP1位、フリー1位で優勝し、今季も同様にGPシリーズ2戦を含め、“完全V”で3連勝と表彰台の真ん中に上ってきた。女王の誇ってきた圧倒的な強さの証明でもあり、今回、それを上回った15歳ザギトワの衝撃度の大きさもうかがえる。

 果たして、初対決となったロシアの天才2人を中心に繰り広げられる争いは、フリーでどんな結末を迎えるのか。平昌五輪を占う上でも大注目となりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー