[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュ、打者が腰引く“153kmフロントドア”に驚きの声「美しい一球」「機械だ」

米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は5日(日本時間6日)、本拠地のパイレーツ戦に先発登板。6回途中6安打2失点で勝ち負けはつかなかった。8奪三振の力投を見せ、4-2で勝利したチームに貢献。米投球分析家が左打者の内角をえぐった95マイル(約153キロ)の投球映像を公開すると、米ファンからは「美しい」「この男は機械」などと反響が寄せられている。

6回途中6安打2失点で8奪三振の力投を見せたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】
6回途中6安打2失点で8奪三振の力投を見せたパドレスのダルビッシュ有【写真:AP】

パイレーツ戦で8奪三振の力投

 米大リーグ・パドレスのダルビッシュ有投手は5日(日本時間6日)、本拠地のパイレーツ戦に先発登板。6回途中6安打2失点で勝ち負けはつかなかった。8奪三振の力投を見せ、4-2で勝利したチームに貢献。米投球分析家が左打者の内角をえぐった95マイル(約153キロ)の投球映像を公開すると、米ファンからは「美しい」「この男は機械」などと反響が寄せられている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 左打者は腰を引いてしまう。ダルビッシュはアダム・フレージャーを追い込むと、最後は内角へツーシームを投じた。打者の体に近い位置から、ストライクゾーンギリギリへ鋭く横滑りするように変化。95マイルのフロントドアに、フレージャーは手が出ず見逃し三振となった。

 実際の映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。「ユウ・ダルビッシュの美しい95マイルのフロントドア・ツーシーム」と紹介した。

 米ファンからは「ワオ、打者としてどう対応する?」「いい動きをするフロントドア・ツーシーム。これはこの試合で最も美しい一球に入る」「この男は機械に違いない」などと驚きの声があがっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集