[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺田明日香も100m障害12秒96で日本新! 男女で快挙続出「0.01でも更新できて嬉しい」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、女子100メートル障害決勝では寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒96(追い風1.6メートル)の日本記録で優勝した。気温15度前後の肌寒い気候となった中で快走。ママさんランナーとして活躍する31歳はレース直後に一人娘・果緒ちゃんと記念写真に納まった。

日本記録で優勝した寺田明日香【写真:奥井隆史】
日本記録で優勝した寺田明日香【写真:奥井隆史】

織田記念国際

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、女子100メートル障害決勝では寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒96(追い風1.6メートル)の日本記録で優勝した。気温15度前後の肌寒い気候となった中で快走。ママさんランナーとして活躍する31歳はレース直後に一人娘・果緒ちゃんと記念写真に納まった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 寺田が五輪イヤーに最高のタイムを叩き出した。自身が2019年9月に出した従来の日本記録を0秒01更新。正式タイムが表示されると、言葉にならない叫び声を上げながら両手を突き上げて喜んだ。

 インタビューでは、「0.01でも自己ベストを更新できたのは嬉しかったです」とコメント。「最近は室内陸上で足を痛めて不安もあったのですが、走りの調子はよくなってきていた。予選は天候が悪くて体が動かなくなったが、決勝は晴れてきて、できることをやれたらと思っていた」と振り返った。

 記念写真では「おいで! 早く!」とスタンドから見守っていた果緒ちゃんを呼び寄せた。直前には、男子110メートル障害の金井大旺(ミズノ)が13秒16(追い風1.7メートル)の日本記録で優勝。男女障害で快挙となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集