[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

金井大旺、110m障害で日本記録13秒16! 従来を0.09上回り「想像以上に記録が出た」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子110メートル障害決勝では金井大旺(ミズノ)が13秒16(追い風1.7メートル)の日本記録で優勝した。気温15度前後の肌寒い気候となった中、力を出しきった。

日本記録で優勝した金井大旺【写真:奥井隆史】
日本記録で優勝した金井大旺【写真:奥井隆史】

織田記念国際

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子110メートル障害決勝では金井大旺(ミズノ)が13秒16(追い風1.7メートル)の日本記録で優勝した。気温15度前後の肌寒い気候となった中、力を出しきった。

 金井が日本記録を打ち立てた。自信を持つスタート直後から体一つ抜け出すと、徐々に後続を引き離して加速。最後までスピードを緩めることなくフィニッシュした。13秒16の日本記録。有観客の会場からは拍手が降り注いだ。

 従来の日本記録は同じく東京五輪出場を狙う高山峻野(ゼンリン)の13秒25。金井はレース後のインタビューで「ちょっと想像以上に記録が出てしまった。予想外の記録でした」とコメント。「ちょっと予選でスタートがダメで、そこを修正しようという気持ちで臨みました。インターバルの刻みができていたので良かったと思います」と振り返った。

 東京五輪イヤーで叩き出した好記録。五輪後は歯医者の道に進む見通し。「競技人生のラストシーズン、悔いのないように出し切って、東京五輪へ向けて頑張りたいと思います」と胸を張って語った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集