[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「1本ずつ。その先に東京五輪」 1年延期で計画が崩れ…100m障害・木村文子が狙う復活

東京五輪まで3か月を切った中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われる。28日は一部選手が会見。女子100メートル障害のロンドン五輪代表・木村文子(エディオン)が意気込みを語った。

木村文子【写真:Getty Images】
木村文子【写真:Getty Images】

29日織田記念国際

 東京五輪まで3か月を切った中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われる。28日は一部選手が会見。女子100メートル障害のロンドン五輪代表・木村文子(エディオン)が意気込みを語った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 昨年日本選手権女王の青木益未(七十七銀行)、日本記録保持者・寺田明日香(ジャパンクリエイト)、田中佑美(富士通)らトップ選手が揃う大会。木村は3月の日本室内選手権女子60メートル障害で青木に次ぐ2位(8秒12)に入った。地元・広島の大会へ、気持ちを高ぶらせた。

「屋外は1年半ぶり。凄く楽しみにしています。オリンピックに向けて着実に積み上げたものがあって、正直1年の延期は不安なものが大きかった。ただ、それを感じて居続けるよりも、切り替えて原点回帰をした。高校生たちと過ごして初心に帰って、速く走るために何が必要か考えてきた。高校生たちに後押しされてここまできた」

 リオ五輪出場を逃して以降、体作りに重点に置いたが、ハードルは左右非対称の動きでバランスを崩しがち。「それを見逃すと怪我に繋がる。体作りを17年からやって、19年に自己ベストに近い結果を得られた」と成長を感じた。しかし、東京五輪の1年延期で順調だった計画が崩れた。「(延期決定前は)20年も同じ課題を続けるだけと手応えがあったけど、1年もピークをずらすのはやったことがなかった。ピーキングで不安が大きかった」と説明。それでも、コーチらと話し合いながら気持ちを切らすことはなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集