[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の打球が直撃 気遣われた名捕手は“トラウト級”と絶賛「今は50-50かな」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で4号ソロを放つなど3安打1打点。飛距離431フィート(約131.3メートル)の一発や、平凡なゴロを内野安打にした俊足ぶりが称賛の的となる中で、意外なシーンも注目を集めている。ファウルチップが相手捕手を直撃。大谷が思わず「Oh Sorry.OK?」と気遣うシーンを現地メディアが公開し、米ファンの称賛を集めていたが、打球が直撃した捕手が大谷に言及している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ロイヤルズのペレス捕手、トラウトとの会話の中で大谷を絶賛

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は13日(日本時間14日)、ロイヤルズ戦に「2番・DH」で出場。5回の第3打席で4号ソロを放つなど3安打1打点。飛距離431フィート(約131.3メートル)の一発や、平凡なゴロを内野安打にした俊足ぶりが称賛の的となる中で、意外なシーンも注目を集めている。ファウルチップが相手捕手を直撃。大谷が思わず「Oh Sorry.OK?」と気遣うシーンを現地メディアが公開し、米ファンの称賛を集めていたが、打球が直撃した捕手が大谷に言及している。

【特集】女子卓球界エースに届いた応援の声 身近に感じるスポーツ支援の輪

 投げる、打つだけじゃない。これもまた大谷らしいシーンかもしれない。7回の第4打席だ。左腕ブレンツの初球をスイング。ファウルチップが捕手のペレスの左足付近を直撃した。すると次の瞬間、とっさに「Oh Sorry.OK?」と発し、ペレスを気遣ったのだ。

 捕手にファウルチップが直撃するなど日常茶飯事だ。それでも思わず出た大谷の優しさに現地メディアが注目を寄せ、米カンザスシティのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・カンザスシティ」公式ツイッターでは「グッドガイ、ショウヘイ。サルビーにファウルチップを当てた後、オオタニが謝罪」と添えて動画付きで脚光。現地の実況席も「今オオタニが『Sorry』と言ったのを聞いた気がします」と大谷の発言を伝えていた。、

 米ファンからも称賛を集めたこのシーン。“当事者”のペレスは大谷を絶賛しているという。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のロイヤルズ番アレック・ルイス記者は自身のツイッターにこう投稿している。

「サルバドール・ペレスは、昨日マイク・トラウトと話していたと明かした。サルビーは長い間トラウトがMLBで最高の選手だと思っていた。サルビーはトラウトとジョークを交えながら『今は多分50-50かな。オオタニがいるからね』と言った」

 ジョーク交じりとはいえ、30歳の名捕手は大谷を球界最高の打者として評価されるトラウト級だと評価しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集