[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の4回転サルコーは「過去最高」 欧州識者は興奮「完璧 何が欠けている?」

フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇王者の羽生結弦(ANA)は107.12点で2位となった。欧州の識者は冒頭で決めた4回転サルコーに動画付きで脚光。「GOE+6=完璧」と絶賛している。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

冒頭に成功させた4回転をアンベーシ氏が興奮

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は15日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、五輪連覇王者の羽生結弦(ANA)は107.12点で2位となった。欧州の識者は冒頭で決めた4回転サルコーに動画付きで脚光。「GOE+6=完璧」と絶賛している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 極上の4回転ジャンプだった。ロックスターのような黒の衣装に身を包んだ羽生は、冒頭で4回転サルコーを跳んだ。高く、鋭く回転し、着氷も完璧。これぞ王者のジャンプと言うべき美しさで、観衆を魅了した。

 このジャンプに興奮を隠せないのは、欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベーシ氏だ。自身のツイッターでこうつづっている。

「輝きを放つほど美しい過去最高の4S
 +1 とても高く長い
 +1 素晴らしいテイクオフと着氷
 +1 非常に巧み
 +1 とても難しくクリエイティブ
 +1 とても良い体のポジショニング
 +1 エレメンツと音楽が合っている
 GOE+6=完璧
 何が欠けているのか?」

 GOEは+5が最高だが、それを超えるほど美しいと絶賛している。

 実際にこの4回転サルコーはGOE「4.46」を記録。続く4回転―3回転の連続トウループでも4点を超えるGOEをたたき出していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集