[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、悲願のマスターズ初V! 初出場から10年、20代最後の挑戦でアジア人初快挙

米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、そしてアジア人初のマスターズ制覇の快挙を成し遂げた。米ツアーでの優勝は2017年のブリヂストン招待以来、4年ぶりの通算6勝目。2位は9アンダーでウィル・ザラトリス(米国)。

悲願のマスターズ初優勝を果たした松山英樹【写真:AP】
悲願のマスターズ初優勝を果たした松山英樹【写真:AP】

マスターズ最終日、松山が日本男子初の海外メジャー制覇

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、そしてアジア人初のマスターズ制覇の快挙を成し遂げた。米ツアーでの優勝は2017年のブリヂストン招待以来、4年ぶりの通算6勝目。2位は9アンダーでウィル・ザラトリス(米国)。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 松山はスタートホールでティーショットを右に曲げてボギーが先行。それでも2番でバウンスバックに成功する。7番までパーを並べ、8番、9番で連続バーディー。2位との差を5打に広げて前半を終えた。

 勝負のサンデーバックナイン。12番パー3でボギーを打ったが、13番パー5ではアプローチでピンそば50センチに寄せバーディー。すぐにスコアを戻す。15番パー5では2打目でグリーンオーバーし池に入れてしまった。このホールボギーでリードは2打に縮まった。

 16番でも連続ボギー。正念場を迎えたが17番はパーセーブ。18番はボギーだったが、リードを守り切った。ウィニングパットを決め、パトロンからスタンディングオベーションを送られた松山。感極まった表情を浮かべた。

 松山は2011年にマスターズ初出場。通算1アンダーで27位に入り、日本人初のローアマに輝いた。以来、毎年のようにオーガスタの大舞台に挑んだが、15年の5位が最高成績だった。

 20代最後の挑戦となった今年は4打差の2位タイと好発進を切ると、3日目に単独首位に浮上。最終日もリードを守りきり、悲願を叶えた。マスターズは10度目。海外メジャーは33度目の出場だった。

【松山のマスターズ成績】
11年.27位(アマ)
12年.54位
13年.出場せず
14年.予選落ち
15年.5位
16年.7位
17年.11位
18年.19位
19年.32位
20年.13位

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集