[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平はトップクラスの打者か 同僚主砲が“密かに”絶賛「アイツに言うなよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、第1打席に三塁打を放った。ダイナミックに激走する動画を米記者が公開。顕著な打撃成績を残している中、チームの主砲が「アイツには言うなよ」と“秘密”をもらしている。

ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が初回に三塁打、米ファンも注目した激走シーンとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が10日(日本時間11日)、敵地ブルージェイズ戦に「2番・DH」で先発出場し、第1打席に三塁打を放った。ダイナミックに激走する動画を米記者が公開。顕著な打撃成績を残している中、チームの主砲が「アイツには言うなよ」と“秘密”をもらしている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 速かった。初回1死走者なし。大谷は左腕スティーブン・マッツの甘く入った変化球をすくい上げた。右翼線へ高々と上がったボールは、右翼手のダイビングキャッチでも届かず。転々とする間にダイナミックな走りでベースを回り、最後はスライディング。打った瞬間から約12秒で三塁に到達した。

 米記者は続々とツイッターに動画を公開。MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」担当のデビッド・アドラー記者によると、大谷の三塁打の走塁速度は秒速29.2フィート(約8.9メートル)、MLB選手の平均は同27フィート(約8.2メートル)という。平均を上回り「エリートクラスの秒速30フィート超(約9.1メートル)の方がずっと近い」と速さに注目している。

 この日は4打数1安打。チームは1-15で大敗したが、打率.294、3本塁打。8打点など好成績だ。AP通信はチームメイトで4番を務めるアンソニー・レンドン内野手の談話を紹介。「これまで数多くのパワーヒッターとプレーしてきたレンドン。その中でオオタニがどこに位置するかと問われ『彼はトップにくる……けど、これをアイツには言うなよ』と笑顔で答えた」とつづっている。

 ナショナルズで7年間プレーし、2019年には34本塁打のレンドン。20年からエンゼルスのユニホームを着る主砲が大谷を絶賛しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集