[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヘトヘトだった稲見萌寧はなぜ崩れないのか 21歳の強さの源は「奮い立たせないこと」

女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは11日、兵庫・花屋敷GCよかわC(6390ヤード、パー72)で第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、首位で出た21歳稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、2ボギーの70。通算5アンダーで並んだ小祝さくら(ニトリ)とのプレーオフ(PO)を制し、2週連続優勝を飾った。今季4勝目でツアー通算5勝目。2021年は6戦3勝で驚異の勝率5割とした。「疲れはもうピークを通り越しました」と言いながらも、プレーオフの2ホールを含めて終盤の6ホールで4バーディーを奪った。極限状態での勝負強さはどこからきているのだろうか。

プレーオフを制し、2週連続優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】
プレーオフを制し、2週連続優勝を飾った稲見萌寧【写真:Getty Images】

「疲れのピークを通り越す」極限状態で稲見が勝てた理由

 女子ゴルフの国内ツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープンは11日、兵庫・花屋敷GCよかわC(6390ヤード、パー72)で第2ラウンド(R)の残りと最終Rが行われ、首位で出た21歳稲見萌寧(都築電気)が4バーディー、2ボギーの70。通算5アンダーで並んだ小祝さくら(ニトリ)とのプレーオフ(PO)を制し、2週連続優勝を飾った。今季4勝目でツアー通算5勝目。2021年は6戦3勝で驚異の勝率5割とした。「疲れはもうピークを通り越しました」と言いながらも、プレーオフの2ホールを含めて終盤の6ホールで4バーディーを奪った。極限状態での勝負強さはどこからきているのだろうか。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 勝負所でギアが入った。小祝を追う展開だった稲見は、最終盤の15番から3連続バーディー。一気に単独トップに立った。最終18番で決めれば優勝のパーパットを外しPOに突入したが、POの2ホール目で7メートルのバーディーパットを沈めて、力強くガッツポーズを繰り出した。

「連続優勝ってすごい嬉しいです。終わった瞬間は、2週連続というのを忘れていて、ただ勝っててうれしいと思ってから、『あ、そういえば先週も優勝できたんだ』と改めて嬉しさを実感しました」と喜びをかみしめながらも、「疲れはもうピークを通り越しました」と体力の限界を迎えていたことを明かした。

 前日(10日)は第1Rと第2Rを合わせて計28ホールプレー。「くたくた。先週の疲れも残ったままで、今日の疲れもあった」「今までにないくらいの疲労感がある」などと明かしていた。それがこの日、最も体力的には厳しくなるはずのバックナイン、特に15番からはまるでゾーンに入ったかのような強さを見せた。

 前週は4日間大会で優勝。今年に入ってからはこれが3勝目だが、トップ10に入れなかったのは6試合で1試合だけ。毎試合のように優勝争いを演じ、心身ともにすり減らしながらプレーを続けている。21歳の稲見にとっては初めての体験だ。

「トップ10に入っている試合は疲れが違う。気が入っていて、体力を使っているんだと思います。内容が濃すぎる6試合でした。ここまで毎週毎週上位で争いができて、優勝できているのは今までないので、改めて大変。私は今までまだフル参戦できていなくて、今年から。今大会も初出場なので練習ラウンドからしっかりとコースをチェックしたり、色々やっていて、さらに上位争いをして体の状態も過酷ですね」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集