[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヘトヘトだった稲見萌寧はなぜ崩れないのか 21歳の強さの源は「奮い立たせないこと」

我慢のゴルフを展開、ようやくかみ合った15番で「安心感が出た」

 体力的にはいつ崩れてもおかしくないような状況だったはず。なぜこれだけのプレーができるのか。何が彼女の体を奮い立たせているのか。そんな問いかけに対して、稲見は笑いながら「私の中では奮い立っていないんです」と回答。そしてこう続けた。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

「最後のパターは全ての体力を使ったくらい気合を入れましたが、どこかで奮い立たせるときつくなってしまう。それを安定させるためにずっと冷静でいたという感じです。ショットが調子よくないので、ずっと自分の思っている60%くらいでやっていた感じですね」

 稲見は「ショットの調子が良くない」と、開幕前から繰り返していたが、実際にショットの乱れをアプローチ、パターで凌ぐ“我慢のゴルフ”を続けていた。そんな中で15番パー3では70センチにピタリとつけてのバーディー。ようやくかみ合ってスコアを伸ばせたこの瞬間が、稲見にとっては大きかった。

「耐えて耐えて上位で争いたい。15番でやっとバーディーが獲れて、そこで気持ちが楽になった。ずっとバーディーが来ない状態で、ずっと耐えるゴルフが続いていて、そこでバーディーが来てくれて安心感がでました」

 15番からPOの2ホールを含めて、6ホールで4バーディー。限界を超えたかのような圧巻のプレーを演じた。

 4日間大会で勝ち、2週連続Vも成し遂げた。稲見の次の目標はメジャー制覇だ。「まだまだたくさんの試合が残っているので、肉体的疲労が結構残っているので休んで、体力をトレーニングして1年間戦えるようにします。上位で戦えるように調整したい」。ヘトヘトになりながら次を睨む21歳は、まだまだ強くなる。

(THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集