[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“大谷級”打球速度の満塁弾 ヤンキース主砲の140m超1号に米衝撃「もの凄いパワー」

米大リーグ、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は5日(日本時間6日)、オリオールズとの一戦で特大の満塁ホームランを放った。相手を突き放す今季1号は飛距離471フィート(約143.5メートル)。打球速度は115.1マイル(約185.2キロ)で、前日にエンゼルス・大谷翔平投手が放った2号ソロに匹敵する数字だった。MLBが動画を公開すると、米ファンの間で衝撃が広がっている。

オリオールズ戦で満塁ホームランを放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:AP】
オリオールズ戦で満塁ホームランを放ったヤンキースのジャンカルロ・スタントン【写真:AP】

スタントンの一撃にファン「月に向かった」

 米大リーグ、ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手は5日(日本時間6日)、オリオールズとの一戦で特大の満塁ホームランを放った。相手を突き放す今季1号は飛距離471フィート(約143.5メートル)。打球速度は115.1マイル(約185.2キロ)で、前日にエンゼルス・大谷翔平投手が放った2号ソロに匹敵する数字だった。MLBが動画を公開すると、米ファンの間で衝撃が広がっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 スタントンのバットが火を噴いた。2-0でリードした5回2死満塁、カウント0-1からの2球目だ。ど真ん中へ投じられた92マイル(約148キロ)のフォーシームを完璧にとらえた。心地よい打球音を残し、ピンポン玉のように弾かれた白球はぐんぐん伸びて、左中間席に着弾した。

 投手のショーン・アームストロングも一瞬しゃがみこんだ一打は、打球速度115.1マイル。4日(同5日)に大谷が放った速度115.2マイル(約185.4キロ)に並ぼうかという凄まじい本塁打で、飛距離は471フィートを記録した。MLB公式インスタグラムは「ジャンカルロのもの凄いパワー」と記し、実際の動画を公開している。

 米ファンからは「狂気の沙汰」「471フィートはやばい」「弾丸だ」「スタントンが爆発!」「月に向かった」「投手のリアクションが良いね」「打撃練習のよう」「500ドル払ってでも見たい打撃」とコメントが寄せられていた。スタントンの満塁弾を含め、この回に一挙5点を奪ったヤンキースは7-0で快勝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集