[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「36」「9」「+13.3」… 井上尚弥、数字が物語る「モンスター」たる所以

「36」「9」「+13.3」… 井上尚弥、数字が物語る「モンスター」たる所以

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ちでV7を達成。圧倒的な強さは世界中に知れ渡ったが、そのジャブもボクシング界トップクラスであることが明らかになった。米ボクシングサイト「ボクシングシーン.com」が報じている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

ボワイヨ戦で記録した1ラウンド平均のジャブ数36は現役ボクサー最多

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は昨年12月30日、同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に3回TKO勝ちでV7を達成。圧倒的な強さは世界中に知れ渡ったが、そのジャブもボクシング界トップクラスであることが明らかになった。米ボクシングサイト「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「与えられるものは有限、求めるものは無限」 金メダルの裏にあった“覚悟” / スピードスケート 小平奈緒さんインタビュー(GROWINGへ)

 井上は第1ラウンドに相手の顎を的確にとらえてダウンを奪うと、第3ラウンドには立て続けに3度のダウンを奪取。3ラウンド1分40秒で決着をつけてV7を果たし、戦績を15戦15勝(13KO)とした。記事では、「ナオヤ・イノウエはCompuBoxのプラスマイナス・レーティングで3位に躍進する」と特集を組んでいる。

「CompuBox」は、パンチのヒット数とヒット率をスコア化する全世界で活用されているコンピューターシステム。ジャブと強打のスタッツからボクサーを格付けしているが、ボワイヨを圧倒した「Monster」はデータ上もボクシング界屈指だという。

「イノウエは1ラウンド当たりに現役ボクサー最多となる36回のジャブを放った。イノウエはただジャブを放っただけではない。彼はヒットさせている。1ラウンド当たり9発というのは、わずかゲンナジー・ゴロフキンに次ぐ2位だ」

 記事によれば、井上の放ったジャブ数(36)は全17階級のプロボクシング界で最多。2位はライトヘビー級で元世界王者5人を撃破している“チャンピオンキラー”のアンジェイ・フォンファラ(ポーランド)の33.8回だった。1ラウンド当たりの平均ジャブ数23.1回に対し、井上は13回も多く手数を見せている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー