[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • 高校サッカーで完封するには? 名将に叩き込まれた流経大柏DFが語る鍵は“バウンド”

高校サッカーで完封するには? 名将に叩き込まれた流経大柏DFが語る鍵は“バウンド”

サッカーでありがちなのは、試合の主導権を握り、幾度となく決定的なチャンスを生み出しているにも関わらず、あと一歩が遠く焦れている間に、相手にポンっと入れられたロングボールで裏を取られ、あっけなく失点を喫してしまうような展開だ。勝敗というのは、案外そういう形で決してしまうこともある。そんな時、どんなロングボールも弾き出す“空中戦の制圧者”がいれば――。

流通経済大柏のDF関川郁万【写真:編集部】
流通経済大柏のDF関川郁万【写真:編集部】

流経大柏の2年生DF関川郁万の奮闘で2戦連続完封…日章学園に1-0で8強進出

 サッカーでありがちなのは、試合の主導権を握り、幾度となく決定的なチャンスを生み出しているにも関わらず、あと一歩が遠く焦れている間に、相手にポンっと入れられたロングボールで裏を取られ、あっけなく失点を喫してしまうような展開だ。勝敗というのは、案外そういう形で決してしまうこともある。そんな時、どんなロングボールも弾き出す“空中戦の制圧者”がいれば――。

  第96回全国高校サッカー選手権大会は3日、各地で3回戦が行われ、インターハイ王者・流通経済大柏(千葉)は日章学園(宮崎)に1-0で勝利した。

 この日の流通経大柏は、前日に3-0と快勝した大分西との2回戦とは異なり、どれだけシュートを打ってもネットを揺らすことができない、もどかしい試合展開が続いた。エースMF菊池泰智(3年)のバー直撃のシーンを含め、前半だけで4度決定的なシュートがあった。それでも、スコアを動かすには至らなかった。

 インターハイ王者が攻勢に出ることを想定していた日章学園は、立ち上がりからロングボールで前がかりになる相手の裏を狙う戦術を取り入れていた。数多くの決定機を逸し続ける流通経大柏、耐え忍びながら虎視眈眈と裏を狙う日章学園。波乱が起きてもおかしくはないような展開だ。

 しかし、そんな日章学園のロングボールをことごとく弾き返す屈強のエアバトラーがいた。DF関川郁万(2年)。前半に計6度、ロングボールを放り込まれたが、関川は全てヘディングで弾き出し、相手に付け入る隙を与えなかった。

「ヘディングでは負けない。どんな相手でも潰し切る。シュートは何度打っても点が入るとは限らない。だから最終ラインもそこを理解して焦れないように粘り強く守る。『焦れない』というのは自分たちにとって肝になる言葉」

 関川は試合後、自信と責任感に満ちた表情でそう語った。チームは後半27分のMF加藤蓮のゴールを守り切り、2戦連続の完封勝利を成し遂げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー