[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校サッカーで完封するには? 名将に叩き込まれた流経大柏DFが語る鍵は“バウンド”

ボールを一切落とさない…関川が語った理由とは?

「無失点は最高の褒め言葉であり、最大の使命。だから、無失点には強いこだわりを持っている」

 この日、フクダ電子アリーナには強風が吹いていた。これはDFラインからしたら大きな障壁だ。それでも、関川は「試合前のウォーミングアップで、ロングボールをひたすら蹴って、ボールが伸びたり止まったりする方向をしっかりと確認して覚えた」と自信を持って試合に臨んでおり、見事に試合へと反映してみせた。

 空中戦で無類の強さを発揮する関川を見ていて感じたのは、とにかくボールを一切落とさないということだ。放り込まれたロングボールに対し、どんな体勢でも競り勝ち、決してボールをバウンドさせない。

「ボールをバウンドさせてしまうと、もう一回落ちてくるまでに時間がかかり、そこで相手にかっさられる準備をさせてしまう。後ろ向きのボールでも落とすな、と監督に言われている。監督やコーチは選手権の本質を知っているので、スローインからの失点や、高い位置で奪われての失点が全国大会では多いという統計を聞いていた。だから、バウンドしたボールを完全に落とすことは絶対にしない。どんなきつい状態の中でも、せめてボールを切ったり逸らしたりは徹底する」

 身長180センチとセンターバック(CB)の中ではとりわけ大きいというわけではないが、「相手より先に飛ぶことを常に意識している」ことでポジショニングで先手を取り、「絶対に潰してやるという気持ちで飛ぶ」ことが、空中戦を制する基盤となっている。

 関川の武器は何も自陣のみで完結するものではない。それは、敵陣のゴール前でも脅威と化す。

「試合前には絶対、セルヒオ・ラモスの動画を見る。点を取って守れる選手が自分の模範なので」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集