[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくらの隠された闘争心 迷うキャディーの前で「攻めなきゃ」と強気に仕掛けた

女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で最終Rを迎えた小祝さくらが3バーディー、1ボギーの70で回り、通算10アンダーで逆転優勝した。今年3戦2勝で2020-21年シーズン3勝目。今季獲得賞金は1億円を突破し、賞金ランクトップに躍り出た。黄金世代の22歳。マイペースな性格からはわかりづらい、秘めた闘争心を垣間見せた。

今季3勝目を挙げた小祝さくら【写真:Getty Images】
今季3勝目を挙げた小祝さくら【写真:Getty Images】

3戦2勝の裏に努力の跡、土壇場で見せた勝気な姿とは

 女子ゴルフの国内ツアー・Tポイント×ENEOSの第2ラウンド(R)の残りと最終Rが21日、鹿児島・高牧CC(6424ヤード、パー72)で行われ、3打差の4位で最終Rを迎えた小祝さくらが3バーディー、1ボギーの70で回り、通算10アンダーで逆転優勝した。今年3戦2勝で2020-21年シーズン3勝目。今季獲得賞金は1億円を突破し、賞金ランクトップに躍り出た。黄金世代の22歳。マイペースな性格からはわかりづらい、秘めた闘争心を垣間見せた。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 小祝が勝負所で強気に仕掛けた。鈴木愛、サイ・ペイイン、ペ・ソンウと首位で並んだ後だった。15番パー4。ティーグラウンドが前に設定され、ピンまで240~250ヤードしかない。グリーン左手前にはバンカー、右には池。リスクを冒してワンオンか、無難に刻んでバーディーの可能性を下げるのか。

「ティーグラウンドに立った時に『行こう』と思ったけど、キャディーさんは迷っていた。優勝争いをしていたし、風もフォローじゃなかったので」

 隣にはリーダーボード。小祝は順位を確認した。「バーディーを獲らないと厳しい。自分も攻めなきゃ」。ドライバーを握り、強引に行った。「一瞬迷ったけど、思い切って打ちました」。左から吹く風を考慮し、ピンの左狙い。イメージよりも右に飛び「池に入ったかな」と最悪の事態がよぎったが、なんとか踏みとどまった。残り20ヤードのアプローチを1メートルに寄せてバーディー。土壇場の選択を強気の一振りで正解にしてみせた。

 単独首位に躍り出ると、16番で連続バーディー。1つ後ろの最終組だったペ・ソンウが18番でボギーを叩き、ツアー通算4勝目を奪い取った。

 他のプロに負けないと自負する武器は「ロブショット」。距離や地面の状況に関係なく打つ自信がある。2019年7月に初優勝したが「もともと自分の球は高い。風が強い時に低い球も必要」と満足することなくクラブを振り続けた。辻村明志コーチに教わりながら、風に負けない低弾道のショットを猛練習。「成果が出たと思います」。優勝した今年初戦のダイキンオーキッドレディスと同じく、強風の中で安定したショットを見せつけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集