[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「議論呼ぶエンディング」 背中向けた相手に追撃許可、批判の審判に米メディアも注目

海外のボクシングの試合でレフェリーの判断が物議を醸している。ダウンだと思った選手が背中を向けてコーナーに下がりかけたところに、レフェリーが試合続行を指示したため、もう一方の選手が追撃。完全に無防備な相手に対して背後からパンチをヒットさせ勝負を決める結果となった。英プロモート会社が実際のシーンを動画で公開すると、海外ファンからはレフェリーへの厳しい指摘が相次いでいたが、英メディアでも「信じられないが審判が許可していた」などと報じられている。

マキシ・ヒューズ【写真:Getty Images】
マキシ・ヒューズ【写真:Getty Images】

英ボクシングでまさかの決着、勝負に水差すレフェリーに海外メディアも厳しい視線

 海外のボクシングの試合でレフェリーの判断が物議を醸している。ダウンだと思った選手が背中を向けてコーナーに下がりかけたところに、レフェリーが試合続行を指示したため、もう一方の選手が追撃。完全に無防備な相手に対して背後からパンチをヒットさせ勝負を決める結果となった。英プロモート会社が実際のシーンを動画で公開すると、海外ファンからはレフェリーへの厳しい指摘が相次いでいたが、英メディアでも「信じられないが審判が許可していた」などと報じられている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 現地時間19日に英国で行われたライト級タイトルマッチだった。8ラウンド、白トランクスのマキシ・ヒューズがリング中央での打ち合いで優位に立つと、ポール・ハイランドJr.(ともに英国)にボディーを重ね、相手がうずくまるように腹を抱えたところでレフェリーが2人の間に割って入った。ダウンか――。試合が一瞬ストップした。

 レフェリーが割って入ったことにより、ダウンを取られたと判断したハイランドは相手に背を向けニュートラルコーナーへと戻ろうとした。しかしその直後にレフェリーがジャスチャーで続行をアピール。ヒューズは背中を向けた相手に追い打ちをかけ右こぶしを打ち抜くと、完全に不意を突かれた格好のハイランドは仰向けにダウン。勝負は決した。

 レフェリーの中途半端な判断が招いたKO決着。なんとも後味の悪い結果となった。勝ったヒューズは試合後に「ハイランドが背を向けた時、俺はレフェリーの目を見て言ったんだ。『やめるのか? 続けるのか?』と。そしたら彼が『続けろ』と言ったんだ」と話したという。

 この結末に海外ファンからは審判へ対する非難の声が上がっていたが、英紙「デイリーメール」でも試合を詳報。最後のシーンについては「ポール・ハイランドJr.がダウンだと思って相手に背を向けたところで、マキシ・ヒューズが残酷なKO。審判が信じられないが許可していた」と驚きを綴っている。

 また米専門メディア「ボクシングシーン.com」でも「エンディングは議論を呼ぶものだった。ハイランドが背を向き、やってくるとは思っていなかったところで、ヒューズがパンチを着弾させた」とKOシーンを描写。そしてこの結末に対して、ハイランド陣営はレフェリーに怒りを募らせているとも伝えている。選手自身の油断もあったとはいえ、レフェリーの判断も勝負に水をさしたことは間違いないようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集