[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

120kg“世界最強の男”が小さい 合計271kgフェイスオフが衝撃拡大「映画の一幕のよう」

ポーランドの総合格闘技団体「KSW」で265ポンド(約120キロ)と333ポンド(約151キロ)の大男2人によるド迫力フェイスオフが実現。KSWが公式SNSで実際の様子を公開すると、海外ファンからは「これは狂気の沙汰」などと注目を集めていたが、さらに「これは違法だよ」と衝撃が拡大している。

マリウス・プッツナウスキー【写真:Getty Images】
マリウス・プッツナウスキー【写真:Getty Images】

120kgプッツナウスキーと151kgウスマンの怪物対決は戦前から話題に

 ポーランドの総合格闘技団体「KSW」で265ポンド(約120キロ)と333ポンド(約151キロ)の大男2人によるド迫力フェイスオフが実現。KSWが公式SNSで実際の様子を公開すると、海外ファンからは「これは狂気の沙汰」などと注目を集めていたが、さらに「これは違法だよ」と衝撃が拡大している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 120キロの大男が、小さく見えるのだから恐ろしい。白いトランクスを履いたマリウス・プッツナウスキー(ポーランド)。“世界最強の男”コンテストで5度の優勝を果たしている44歳のレジェンドは大胸筋が盛り上がり、凄まじいまでに鍛え上げられた上半身を披露しているのだが、フェイスオフで火花を散らした相手がさらに規格外だった。

 セリネー・ウスマン(セネガル)は横にも縦にも、さらに一回り大きい。プッツナウスキーを実に30キロ以上も上回る151キロという破格のサイズ。2人で向かい合ってフェイスオフし、そして並んでファイティングポーズを作っているが、まさに怪物の競演とでも言えるような異様な光景だった。

 KSWが公開したフェイスオフ動画には多数の注目が集まっていたが、さらに「無差別級の戦いはこれが面白い」「これは違法だよ」「デカすぎる」「アクションムービーでの一幕のよう」などと反響が拡大。さらに米紙「USAトゥデー」の総合格闘技専門メディア「MMAジャンキー」でもこのフェイスオフが様子が伝えられている。

「土曜にポーランドで行われるKSW59に出場するセネガルのセリネー・ウスマンが、元世界最強男で現在はMMAのヘビー級で活躍しているマリウス・プッツナウスキーの上に高くそびえ立っていた」とウスマンの規格外のサイズに驚きを伝えている。

 合わせて271キロというMMAでは異例のバトルはどんな結末を迎えることになるのか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集