[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュが思わず笑う、会見に捕手が乱入「チェンジアップが素晴らしかった」

米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手は14日(日本時間15日)、アリゾナ州グッドイヤーで行われたレッズ戦でオープン戦2度目の先発登板。3回3奪三振、無安打無失点と好投した。試合後のオンラインでの会見では捕手のビクター・カラティーニが乱入。「チェンジアップが素晴らしかった」と称賛している。

レッズとのオープン戦で3回無失点と好投したパドレスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】
レッズとのオープン戦で3回無失点と好投したパドレスのダルビッシュ有【写真:Getty Images】

3回無失点後の会見にカラティーニが乱入、米ファン反響「最高」

 米大リーグ、パドレスのダルビッシュ有投手は14日(日本時間15日)、アリゾナ州グッドイヤーで行われたレッズ戦でオープン戦2度目の先発登板。3回3奪三振、無安打無失点と好投した。試合後のオンラインでの会見では捕手のビクター・カラティーニが乱入。「チェンジアップが素晴らしかった」と称賛している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 開幕へ向けて順調な仕上がりだ。ダルビッシュは初回、2回と打者3人で抑え、3回は2死から死球で出塁を許したが、後続を仕留め3回をノーヒット投球。最速は96マイル(約155キロ)を計測し、変化球も抜群だった。

 特に良かったのが、チェンジアップだったようだ。試合後のダルビッシュオンライン会見に突如、捕手のカラティーニが乱入。「Change-up, bueno」(チェンジアップが素晴らしかった)とスペイン語で称賛し立ち去った。これにはダルビッシュも爆笑だった。

 実際のやり取りの様子を、地元紙「サンディエゴ・ユニオン・トリビューン」のアニー・ハイルブロン記者が紹介。「状況を説明すると、カラティーニがユウの会見の最中にひょいと現れて、これを言って、そこから居なくなりました」と説明を加え投稿すると、現地ファンから「3つの言語が行き交っている」「最高」「大好き」「これにハマっています」などと注目を集めている。

 ダルビッシュはオープン戦でここまで5イニングを投げて無失点。7奪三振、被安打1と完璧な投球を続けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集