[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エストラーダを「117-111」で支持 物議の米国人ジャッジが資格停止に…WBAが迅速処分

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が2-1(115-113、117-111、114-115)の判定でWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を破り、2団体のベルトを統一した。「ファイト・オブ・ザ・イヤー」の声が上がるほどの白熱の名勝負となったが、6ポイント差を付けたジャッジには識者らから異論が噴出。該当のジャッジはWBAから資格停止処分が下った。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ファン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】
ファン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】

僅差のジャッジの中で1人6ポイントもの大差をつけたシュクレ氏に処分下る

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)が2-1(115-113、117-111、114-115)の判定でWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を破り、2団体のベルトを統一した。「ファイト・オブ・ザ・イヤー」の声が上がるほどの白熱の名勝負となったが、6ポイント差を付けたジャッジには識者らから異論が噴出。該当のジャッジはWBAから資格停止処分が下った。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 軽量級の2人の雄が激突した名勝負。ジャッジ2人のポイントは僅差だったが、エストラーダに6ポイントもの大差を与えたジャッジに対して各方面から物言いがつけられていたが、WBAは迅速な処分を下した。

 同メディアによると、117-111のスコアをつけた米国人ジャッジのカルロス・シュクレ氏に対して、WBAが資格停止処分を科すことを14日(同15日)に発表したという。

 記事ではジャッジの1人ジェシー・レイエズ氏がゴンサレスに115-113をつけており、これは多くの視聴者の意見と合致していたとしたうえで、「一方、デービッド・サザーランドは115-113でエストラーダを支持。そして、シュクレは117-111でエストラーダ勝利の判定を下した。これは眉毛が上がるほどの疑わしいスコアだった」と特にシュクレ氏の採点に厳しい視線を向けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集