[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松田瑞生は「日本最強の補欠ね!」 V会見で増田明美から労い「浪速の女王強かった」

名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、優勝会見では解説者の増田明美さんから称賛と労いの言葉をもらった。

名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】
名古屋ウィメンズマラソンで優勝した松田瑞生【写真:森田直樹/アフロスポーツ】

名古屋ウィメンズマラソン

 名古屋ウィメンズマラソンが14日、バンテリンドームナゴヤ発着の42.195キロで行われ、日本歴代7位の記録を持つ松田瑞生(ダイハツ)が自己ベストにあと4秒に迫る2時間21分51秒で初優勝した。3枠の東京五輪代表はすでに他の選手が内定済み。五輪は補欠となっている25歳が意地を見せる快走で栄冠を手にし、優勝会見では解説者の増田明美さんから称賛と労いの言葉をもらった。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 松田は序盤からハイペースだった。15キロ地点は49分52秒で通過し、フィニッシュ予想は2時間20分17秒の好ペース。中間点は昨年大会記録を出した東京五輪代表・一山麻緒(ワコール)を上回る1時間10分23秒。22キロ付近から佐藤を突き放し、独り旅となった後半は強風に苦しめられながらも好記録で優勝した。

 レース後の会見では、“細かすぎる解説”でお馴染みの増田さんから質問。「浪速の女王、強かった! 優勝、おめでとうございます」と祝福を受けた。序盤のペースメーカーとのやり取りを問われた後、風がなければもっといい記録が出たことを指摘されると「平地というのもあるけど、過去と比べられないくらい練習を積んでどんな結果でも後悔ないというくらい自信があった。万全の状態でスタートラインに立ったので、風のないところでまた挑戦したい気持ちは大きいです」と答えた。

 昨年1月の大阪国際女子では、2時間21分47秒の日本歴代6位(当時)の好記録で優勝し、残り1枠だった五輪代表の最有力に躍り出た。しかし、同3月の名古屋ウィメンズで一山が松田の記録を上回って代表内定。あと一歩で五輪出場の夢が絶たれた松田は悔し涙を流していた。

 返答を聞いた増田さんから、称賛と労いの意味を込めて「どん底から這い上がってね、ほんと日本最強の補欠ね!」と言葉を受けた。女王は「そうです」と笑顔。会見終了後には「これで記者会見最後ですか」と報道陣に質問。全ての選手が終えていたため「一つお願いがあるんですけど、皆さんと写真撮りたいです」と、取材で訪れた有森裕子さん、高橋尚子さん、野口みずきさん、増田さんとの記念写真をお願いした。

 女子マラソン界の超豪華なメンバーに囲まれ「めっちゃ嬉しい~!」と笑顔を見せていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集