[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エストラーダ―ロマゴン、名勝負に水差す“大差採点”に米記者異論「117-111は酷い」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。判定が割れる白熱の名勝負だったが、1人のジャッジは6ポイント差でエストラーダを支持。思わぬ大差が付けられたことに米記者から異論が起きている。

ファン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】
ファン・フランシスコ・エストラーダ【写真:Getty Images】

判定が割れる中でジャッジ1人がつけた「117-111」に異論の声

 ボクシングのWBC&WBAスーパー世界スーパーフライ級王座統一戦が米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)とWBAスーパー王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が対戦。エストラーダが2-1(115-113、117-111、114-115)の判定で勝利し、2団体のベルトを統一した。判定が割れる白熱の名勝負だったが、1人のジャッジは6ポイント差でエストラーダを支持。思わぬ大差が付けられたことに米記者から異論が起きている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 最後の最後まで両者の意地がぶつかり合った。12ラウンドも足を止めて、パンチを出し合った2人。エストラーダは1212発、ゴンサレスは1317発。2人合わせて実に2529発のパンチが飛び交った。最後は互いの健闘を称え、抱き合った。

 判定の結果、ジャッジ2者がそれぞれ1、2ポイント差で両者を支持したが、問題視されているのはエストラーダを支持したもう1人のジャッジだ。6ポイントもの大差をつけている。

 これに対して米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するダン・ラファエル記者は自身のツイッターで「115-113ゴンサレス、117-111エストラーダ、115-113エストラーダで、彼が判定の分かれたジュニア・バンタム級(スーパーフライ級)の統一王座タイトルを獲得した。これには全く納得できない。117-111のショック」と疑問符をつけている。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者も「この試合は確実にチョコラティート(ゴンサレスの愛称)が勝ったと思った。接戦ではあったが、間違いなく彼のパンチの方がクリアだった。不運。117-111は酷い」と綴っている。

 エストラーダを共同プロモートする英国のプロモーター、エディ・ハーン氏ですら「117-111 驚き……115-113でも」などとツイートしている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集