[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】張本智和は「記録破りの男」 14歳61日でのツアー最年少Vに海外称賛「センセーション」

【名珍場面2017】張本智和は「記録破りの男」 14歳61日でのツアー最年少Vに海外称賛「センセーション」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は8月に卓球の張本智和が成し遂げた「ツアー史上最年少V」だ。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーショナル」と報じ、「彼の反応を見ろ」と優勝を決めた瞬間の映像を紹介するなど、話題を呼んだ。

張本智和【写真:Getty Images】
張本智和【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…8月に日本が誇る神童が14歳61日でツアー優勝

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は8月に卓球の張本智和が成し遂げた「ツアー史上最年少V」だ。日本が誇る神童の快挙に、国際卓球連盟(ITTF)公式サイトは「センセーショナル」と報じ、「彼の反応を見ろ」と優勝を決めた瞬間の映像を紹介するなど、話題を呼んだ。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

「Tomokazu Harimoro」の名が、卓球界の歴史に刻まれた。

 8月のチェコオープン、張本は快進撃を見せた。1回戦でキリル・ゲラシメンコ(カザフスタン)、準々決勝でクリスティアン・カールソン(スウェーデン)、準決勝でウーゴ・カルデラノ(ブラジル)と、4試合中3試合で最終ゲームまでもつれる熱戦の末に勝利。粘り強さと勝負強さを武器に、自身2度目のワールドツアー・シングルス決勝に駒を進めた。

 相見えたのは元世界ランク1位で、ワールドカップ優勝2回(2002、05年)、五輪にも00年のシドニーから5大会連続で出場している36歳の名手ティモ・ボル(ドイツ)。今年6月の中国オープン準決勝で敗れた相手に、第1ゲームを11-3と先取したものの、続く第2、第3ゲームを4-11、8-11と落とし、瞬く間に逆転されてしまう。それでも、第4ゲームを11-9でモノにすると一気に加速。第5、第6ゲームも11-6、11-9で取り、怒涛の3ゲーム連取で難敵ボルを退けた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー