[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完全隔離組の有力選手が続々敗戦 “不公平環境”への不満露わ「大会に失望している」

8日に開幕したテニスの全豪オープン。大坂なおみ(日清食品)などが順当に2回戦へ駒を進めた一方、何人かの有力選手が格下相手に早々と敗退している。特に、新型コロナ対策として完全隔離下に置かれ、敗れた選手たちから、隔離環境への不満が漏れている。男子の世界ランク29位のブノワ・ペール(フランス)は「なぜ公平じゃないのか理解できない」などと話したようだ。海外メディアが伝えている。

初戦敗退を喫したビクトリア・アザレンカ【写真:AP】
初戦敗退を喫したビクトリア・アザレンカ【写真:AP】

1回戦で敗退したペールは怒り「これは言語道断」

 8日に開幕したテニスの全豪オープン。大坂なおみ(日清食品)などが順当に2回戦へ駒を進めた一方、何人かの有力選手が格下相手に早々と敗退している。特に、新型コロナ対策として完全隔離下に置かれ、敗れた選手たちから、隔離環境への不満が漏れている。男子の世界ランク29位のブノワ・ペール(フランス)は「なぜ公平じゃないのか理解できない」などと話したようだ。海外メディアが伝えている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 参加する選手とスタッフに、チャーター便での入国が義務付けられた今大会。しかし複数の便で搭乗者に感染者が出たために、72人の選手を含む同乗者は、14日間自室から一切外出できない“完全隔離”を余儀なくされた。

 そんな完全隔離組だった有力選手が男子シングルスの1回戦で早くも姿を消した。世界ランク79位のイゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)と対戦したペールは、第1セットを先取された後、第2セットを奪うも、接戦となった第3セット、第4セットを落として敗戦。英スポーツメディア「インサイド・ザ・ゲーム」によると、試合後にフランス紙「レキップ」に対して、完全隔離の影響についてコメントしている。

「これはクソだ。そして起きたこと(隔離環境の不公平)は恥ずべき事。私のプレーのレベル自体は良かったと思う。取り組み方も良かった。それ以外のことでは、大会に失望している」など不満を露わにしたペール。全豪オープンが行われているメルボルンではなく、前哨戦出場のためにアデレードで自主隔離をした選手達との、隔離環境の違いについて指摘し「なぜ公平じゃないのか理解できない。これは言語道断だ」と話している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集