[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 松山は「素晴らしさの向こう側にいる」 エース級の“超絶アイアン”名場面に米脚光

松山は「素晴らしさの向こう側にいる」 エース級の“超絶アイアン”名場面に米脚光

2017年に男子ゴルフ世界ランク2位を記録し、一躍、世界トップの一人に君臨する松山英樹(レクサス)。今年も多くのスーパーショットを演じてきたが、PGAツアー公式は松山のアイアンに注目。「彼のアイアンは素晴らしい」という称賛とともに今季の超絶アイアンショット3選を動画で公開し、ファンから「常軌を逸している」彼は素晴らしさの向こう側にいる」と海外ファンから絶賛の声が上がっている。

松山英樹【写真:Getty Images】
松山英樹【写真:Getty Images】

松山のスーパーアイアンショット3選をPGA公開…ファン絶賛「常軌を逸している」

 2017年に男子ゴルフ世界ランク2位を記録し、一躍、世界トップの一人に君臨する松山英樹(レクサス)。今年も多くのスーパーショットを演じてきたが、PGAツアー公式は松山のアイアンに注目。「彼のアイアンは素晴らしい」という称賛とともに今季の超絶アイアンショット3選を動画で公開し、ファンから「常軌を逸している」彼は素晴らしさの向こう側にいる」と海外ファンから絶賛の声が上がっている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 思わず、ため息が出てしまう。これが、世界が認める「ヒデキの技」だ。PGAツアー公式ツイッターは「彼のアイアンは素晴らしい。ヒデキ・マツヤマが打つ全てが、だ」という賛辞とともに動画で3つの超絶アイアンショットを公開している。

 9月のデルテクノロジーズ選手権2日目のティーショット。8番、195ヤードのパー3。松山は慎重にアイアンを振り抜くと、グリーン手前に落ちたボールはそのままグリーンに乗り、カップ方向へコロコロと一直線。5メートル、3メートルと近づいていく。ホールインワンか、と思われたが、次の瞬間、ボールはピンに弾かれ、カップに収まらず。50センチほど弾かれて止まってしまった。

 ホールインワン“未遂”に、大歓声を上げたギャラリーは騒然とした様子。ただ、きっちりと見事にバーディーを奪うスーパーショットとなった。ほかにもパー3でピンをかすめる抜群のアイアンショットを2本公開し、ギャラリーは熱狂。いかに松山が精度の高いショットでファンのハートをがっちりつかんでいるかが見て取れる。

 動画を目の当たりにした海外ファンも「彼はすぐにメジャーを勝ち取るだろう。そこに疑いの余地はない」「常軌を逸している。彼は素晴らしさの向こう側にいる」「見ていて楽しい存在だ。彼が2018年に壮大なことをやってのけることを見続けていこう」と思い思いの表現で日本のエースを絶賛していた。

 今季は悲願のメジャー初制覇に迫りながら、惜しくも逃してしまった松山。それでも、シーズンを追うごとに着実に進化を遂げている。改めて称賛されたアイアンショットで来季は世界の頂を狙う。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー