[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 【名珍場面2017】“避けたのに空振り”の衝撃 31億円右腕の魔球カーブに米騒然「なんて残酷な球だ」

【名珍場面2017】“避けたのに空振り”の衝撃 31億円右腕の魔球カーブに米騒然「なんて残酷な球だ」

2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月の米大リーグ(MLB)のプレーオフで起きた「“避けたのに空振り三振”の衝撃」。アストロズのジャスティン・バーランダー投手が魔球のようなカーブを投じ、あまりの変化に打者がよけながら空振り三振に倒れるというシーンを米スポーツ専門局「FOXスポーツMLB」が動画付きで紹介。すると、ファンから「まるでマシーンのようだ」「なんて残酷なボールなんだ」と衝撃が広がった。

アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】
アストロズのジャスティン・バーランダー【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」…10月のMLB優勝決定シリーズのバーランダーの“魔球”

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は10月の米大リーグ(MLB)のプレーオフで起きた「“避けたのに空振り三振”の衝撃」。アストロズのジャスティン・バーランダー投手が魔球のようなカーブを投じ、あまりの変化に打者がよけながら空振り三振に倒れるというシーンを米スポーツ専門局「FOXスポーツMLB」が動画付きで紹介。すると、ファンから「まるでマシーンのようだ」「なんて残酷なボールなんだ」と衝撃が広がった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 なぜ、よけようとしたのにバットが出てしまうのか。そんな驚きのシーンが生まれたのは10月20日、ヤンキースとのリーグ優勝決定シリーズ第6戦、0-0で迎えた5回2死だった。

 右腕バーランダーは8番の右打者フレージャーに対し、カウント1-2と追い込んだ。バックネット裏のファンは三振を期待して立ち上がる。そして、思い切り腕を振って投げ込んだのはカーブ。次の瞬間、打者もびっくりの軌道を描く。

 一瞬、高く浮き、ボールになるかと思われた。実際、打席で対峙したフレージャーは頭部付近に来ると思ったのか、上体を反らし、避けようとした。しかし、白球はベース手前から急激にブレーキがかかって落ちた。ストライクゾーンに入り込んできたボールに対し、フレージャーは慌ててスイングしたが、完全に振り遅れ。全くタイミングが合わず、バットは空を切った。

 球速は83マイル(133キロ)。投げ終わって捕手のミットの位置を見れば、ド真ん中である。にもかからず、打者を避けようとさせながら空振りさせてしまうのだから、恐れ入る。結果的に不格好なスイングを生み、中継していた実況陣も思わず、一瞬笑ってしまったほどだった。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー