[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン、歴史的V5へ113.92点で首位発進 米メディア評価「重圧を感じながら任務遂行」

フィギュアスケートの全米選手権は16日(日本時間17日)、男子ショートプログラム(SP)でネイサン・チェンが113.92点の高得点をマーク。五輪連覇の伝説的名手ディック・バトン以来、71年ぶりの5連覇へ首位発進を決めた。米メディアは「プレッシャーを感じながら、任務を遂行した」と高く評価している。

男子SPで113.92点をマークし、首位発進を決めたネイサン・チェン【写真:AP】
男子SPで113.92点をマークし、首位発進を決めたネイサン・チェン【写真:AP】

4回転フリップ―3回転トウループ成功、五輪連覇の伝説バトン以来71年ぶり5連覇へ

 フィギュアスケートの全米選手権は16日(日本時間17日)、男子ショートプログラム(SP)でネイサン・チェンが113.92点の高得点をマーク。五輪連覇の伝説的名手ディック・バトン以来、71年ぶりの5連覇へ首位発進を決めた。米メディアは「プレッシャーを感じながら、任務を遂行した」と高く評価している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 3本のジャンプをミスなく決めたチェン。特に、光ったのは後半の連続ジャンプだ。4回フリップ―3回転トウループという高難度の連続ジャンプを着氷。昨年マークした大会歴代最高得点114.13点に迫る高得点をマークし、2位のヴィンセント・ジョウに6点以上の差をつけた。

 17年から連覇を続けるチェンが優勝すれば、往年の名手バトン以来、71年ぶりの5連覇となる。バトンといえば、羽生結弦が平昌五輪で66年ぶりに達成した五輪連覇を最後に記録していた人物。そんなレジェンドの大記録に迫った。

 米スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「ネイサン・チェンは全米選手権でいくらかのプレッシャーを感じていたが、任務を遂行した」と重圧に負けなかった精神力を評価。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」も「全米選手権で4度優勝しているチャンピオンは土曜の午後も最高の状態だった」と好調ぶりをレポートした。

 歴史的V5へ、17日(同18日)に行われるフリーに挑む。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集