[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の「最高傑作」 上杉謙信演じた“300点超え”に海外識者絶賛「並外れたFS」

フィギュアスケートの全日本選手権は26日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が合計319.36点をマーク。新プログラム「天と地と」を演じ、2015-16シーズン以来、5年ぶり5度目の優勝を果たした。圧巻の演技には海外識者からも「最高傑作」「とてつもないハート」などと注目が集まっている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

全日本選手権で5年ぶり5度目の優勝

 フィギュアスケートの全日本選手権は26日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位だった五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)が合計319.36点をマーク。新プログラム「天と地と」を演じ、2015-16シーズン以来、5年ぶり5度目の優勝を果たした。圧巻の演技には海外識者からも「最高傑作」「とてつもないハート」などと注目が集まっている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 新プログラムでの演技、得点が海の向こうにも衝撃を与えている。羽生は煌びやかな装飾が施された青の衣装をまとって登場。冒頭の4回転ループを鮮やかに着氷して勢いに乗ると、その後も優雅で力強い滑りを披露した。ジャンプは最後の3回転アクセルまで危なげなく、最後は両手を高く上げてフィニッシュ。万雷の拍手に、丁寧に礼をして応えた。

 戦国武将・上杉謙信が主役のNHK大河ドラマを基にしたフリー演目で快演。SPに続く新プログラムで、合計得点は300点を超えた。今季初戦を終えた羽生に対し、海外識者からも称賛の声が上がっている。

 米大手放送局「NBCスポーツ」のコメンテーター、ニック・マクカーベル氏は自身のツイッターを更新。「ユヅル・ハニュウが並外れたフリーで5度目の全日本選手権優勝。チームと離れ、日本で何か月も過ごしていたが、とてつもないハートを見せた」と精神力の強さを称賛していた。

 また、欧州衛星放送局「ユーロスポーツ」で解説を務めるマッシミリアーノ・アンベシ氏は高得点に着目しつつ「いまや彼の持つ記録の数を忘れてしまった。なぜなら、あまりにも多くの真の傑作があるからだ!!!」とツイッターで興奮気味に絶賛。米名物記者のジャッキー・ウォン氏もSNSで「ユヅル・ハニュウが、マオ・アサダやデニス・テンのように同じ曲のセットで2パートのプログラム(SP+FS)を演じること。それは最高傑作になるだろう」と注目している。

 留まるところを知らない羽生の演技。海外でも絶賛の嵐となっているようだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集