[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、全日本V3も反省 80分激闘で逆転「バタバタした」「自分の弱さ感じた」

第74回全日本総合バドミントン選手権大会は27日、東京・町田市立総合体育館で最終日が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)が2-1(18-21、21-12、21-17)の逆転で常山幹太(トナミ運輸)を破って3連覇を達成した。80分の激闘を制した桃田は「2ゲーム目、3ゲーム目は、とりあえず球を返そうと思いました。技術も戦術も関係なく、相手より1本でも多く返そうと思った結果、相手もだいぶ足に(疲労が)来ていましたし、最後は気持ちで勝つことができたと思います」と苦しんだ決勝戦を振り返った。

3連覇を達成した桃田賢斗【写真:平野貴也】
3連覇を達成した桃田賢斗【写真:平野貴也】

決勝で苦戦も常山幹太に2-1で勝利

 第74回全日本総合バドミントン選手権大会は27日、東京・町田市立総合体育館で最終日が行われ、男子シングルスは桃田賢斗(NTT東日本)が2-1(18-21、21-12、21-17)の逆転で常山幹太(トナミ運輸)を破って3連覇を達成した。80分の激闘を制した桃田は「2ゲーム目、3ゲーム目は、とりあえず球を返そうと思いました。技術も戦術も関係なく、相手より1本でも多く返そうと思った結果、相手もだいぶ足に(疲労が)来ていましたし、最後は気持ちで勝つことができたと思います」と苦しんだ決勝戦を振り返った。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 苦しい、苦しいゲームだった。桃田は1ゲーム目の終盤、リードを保ちたい気持ちからミスが続いた。18-15のリードから決めたはずのスマッシュが、映像による再判定で覆ると、焦りから得意のヘアピン(ネット前からネット前に打つ山なりのショット)や、上からネット前に落としていくドロップが相手コートに入らずに6連続失点でゲームを失った。

 桃田は「1ゲーム目から足を動かすことができて、出だしから主導権を握って良い展開で進めたのに、1ゲームの終盤でリードした場面で焦った。そこの戦い方が、試合慣れをしていないというか、バタバタした。3点リードで余裕を持ってラリーをすれば良いのに、点数が(早く)欲しくて、ギリギリのところを狙って、チャレンジ(映像判定)で判定が覆るとか、戦い方が良くなかった」と反省を口にした。

 それでも苦境から這い上がって勝利にたどり着くのが、桃田だ。コントロール力の差を見せつけるように、相手のミスを引き出して第2ゲームを取り返すと、ファイナルゲームでは終盤の競った場面から一気にギアチェンジ。相手の返球の落下点に素早いフットワークで入り込むと強打を連発。最後は18-17から3連続得点で試合を勝ち切った。敗れた常山が「最後、ギアを上げようとしても上がらなかったが、向こうは上げてきた」と認めた余力の差が目に見える形になった。

 桃田にとって、今大会は長く待ちわびた復帰戦だった。昨年の世界選手権連覇を含めて主要国際大会11勝(後にギネス世界記録に認定)を挙げ、東京五輪の金メダル筆頭候補として注目を集めていたが、今年は試練が続いた。1月、今季初戦のマレーシアマスターズで優勝したが、決勝の翌日に現地で空港に向かう途中、交通事故に遭って負傷した。帰国後に練習を再開したが、シャトルが二重に見える症状が起き、右目眼窩底骨折が発覚。手術を行い、復帰が遅れた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集