[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラジル人FWが懸命なひらがな読み披露 日本国籍目指す姿にファン「上手くなってる」

サッカーJ1・ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが自身のツイッターを更新。日本語を必死に勉強しているところを動画で公開した。紙に書かれたひらがなをちょっと可愛らしく読み上げる様子に、「最初より上手くなった」「ずっと日本にいて」などと国内のファンから反響が寄せられている。

ガンバ大阪のパトリック【写真:Getty Images】
ガンバ大阪のパトリック【写真:Getty Images】

以前から日本国籍取得の希望を公言「難しい。でも諦めません」

 サッカーJ1・ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックが自身のツイッターを更新。日本語を必死に勉強しているところを動画で公開した。紙に書かれたひらがなをちょっと可愛らしく読み上げる様子に、「最初より上手くなった」「ずっと日本にいて」などと国内のファンから反響が寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 部屋の中でテーブルに手をつき、目の前のカメラを見据えたパトリック。手には、ひらがなが書かれたルーズリーフの用紙1枚を持っている。日本語で「みなさん、宿題、読みます」と宣言すると、「明日、友達と映画に行きます」「今日どこに行きますか」「市役所に行って、美容院に行って、買い物に行きます」などと、ゆっくりではあるが聞き取れるように読み上げてみせた。

 中には少し読みづらいものもあったようで「ちょっと難しいネ」と苦笑いする場面も。それでも懸命に全てを話して見せた。最後はカメラに笑顔を向けながら手を振り「以上です、バイバイ」と可愛らしく日本語で別れの挨拶をしていた。

 実際の動画を公開したパトリックは、投稿の文面にも日本語で「少し勉強しました。発音がうまくなくごめんね。日本語を覚えようと頑張っています。簡単ではなく難しいです。でも諦めません。ミンナとコミュニケーションを取りたいから。ありがとうミンナ教えてくれて」などとつづっている。

 13年に来日したパトリック。以前から日本国籍取得を希望していることを公言するとともに、ツイッター上で定期的に日本語の学習ドリルをこなし、読み書きに熱心に取り組んでいることを明かしていた。ファンからは「ずっと日本にいて、将来、日本の指導者になってほしい」「頑張っている姿を見せてくれるのって結構心に刺さります」「努力家だと思う!」「最初に聞いた時より日本語上手くなってる」「日本を好きになってくれてありがとう!」などと反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集