[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロドリゲスがWBC抗議へ 着弾率10%差も判定負けに不満「この業界にとって良くない」

ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)に1-2で判定負けを喫した。海外ファンやメディアから判定結果に不満の声が上がっていたが、ロドリゲスも「俺が勝利した。この結果に抗議する」と納得がいかなかったようだ。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

昨年11月のエマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
昨年11月のエマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

井上尚弥戦から連敗ロドリゲス、判定結果に不満「誰もが俺が勝ったと理解している」

 ボクシングのWBC世界バンタム級暫定王座決定戦が19日(日本時間20日)、米コネチカット州で行われ、前IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)がWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)に1-2で判定負けを喫した。海外ファンやメディアから判定結果に不満の声が上がっていたが、ロドリゲスも「俺が勝利した。この結果に抗議する」と納得がいかなかったようだ。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 ロドリゲスは昨年5月にWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に敗れて以来、1年7か月ぶりの再起戦を飾れず。正確なカウンターを武器に戦ったが、待っていたのは無情の判定負け。同メディアは「地元の視聴者とショータイムの中継チームにとって、ロドリゲスは余裕で勝利したものと思われていたが、あまりに疑問の残る12回判定負けとなった」と指摘している。

 記事によると、ロドリゲスは「いい試合だったが、正直言って相手は3ラウンド以上(ポイントを)取っていない。俺が2発のパンチを着弾させたところ、彼は1発だった」と納得いかない様子。米ボクシングデータ会社「コンピュボックス」によると、着弾率はロドリゲスの29%に対して、ガバリョは18%だったという。さらにロドリゲスは、試合を統括したWBCに対し、判定結果について抗議する方針を明らかにしたようだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集