[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ戦中止、対戦相手変更…悲運続きのロドリゲスが吐露「もっと悪いこと起きるかと」

ボクシングの元IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は19日(日本時間20日)、米コネチカット州で開催される興行でWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)と対戦する。元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、対戦相手変更となったロドリゲスは「もっと悪いことが起きるんじゃないかと思った」と正直な胸の内を明かしたようだ。米メディアが報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

19日の対戦相手はドネアからガバリョに変更「準備できていた」

 ボクシングの元IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は19日(日本時間20日)、米コネチカット州で開催される興行でWBA同級1位レイマート・ガバリョ(フィリピン)と対戦する。元世界5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、対戦相手変更となったロドリゲスは「もっと悪いことが起きるんじゃないかと思った」と正直な胸の内を明かしたようだ。米メディアが報じている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ロドリゲスは昨年5月、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)でWBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)に敗れた後、11月に再起する予定だったが、対戦予定だったルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量で体重をオーバー。試合が中止になっていた。今回はWBC同級王座決定戦の相手となるはずだったドネアがコロナ陽性に。1年7か月ぶりの試合は結局、ガバリョが相手となった。

 米専門メディア「ボクシングシーン.com」は、「エマヌエル・ロドリゲス:特に変わることはない。誰が相手でも準備できていた」との見出しで記事を掲載。ロドリゲスの意気込みを紹介している。

 急遽、別の相手との対戦となったが、ロドリゲスは「新たな相手に対応するのは不満でも難しくもなかった」「(ドネアとの対戦について)話をもらった時、そのスタイルに合った準備をした。(ガバリョになったと)知ってからもこの2週間特に変えることはなかった。誰が相手でも準備はできていた」と問題なしを強調している。

 ドネアとの試合がなくなり、来年まで次戦が持ち越しとなる可能性もあったことに関しては「それは頭をよぎったよ」と正直に語っている。「(ネリとの)試合が出来ず、パンデミックが発生し、そしてこれ(対戦相手の変更)が起きた。もっと悪いことが起きるんじゃないかと思い始めてしまったよ」と苦しい思いもしたようだ。

「でも、自分のチームが試合を確保してくれた。彼らは(今週末に)私が戦うまでの道のりを保証してくれ、すべてに対して準備できている状態にしてくれた」とロドリゲス。快勝で悲運続きの流れを断ち切りたいところだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集