[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロの“執拗な左”に甦る戦慄 王者も苦笑いの威力に米再脚光「見てる方が痛い」

ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)は19日(日本時間20日)、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)と同級王座統一戦に臨む。決戦を前に、米メディアは2年前の12月にカネロが3階級制覇を達成した試合の動画を公開。相手に3度も膝をつかせた強烈な左ボディーに、現地ファンからは「華麗な一撃」「見てるこっちが痛くなる」などと反響が寄せられている。

カネロことサウル・アルバレス(左)とロッキー・フィールディング【写真:Getty Images】
カネロことサウル・アルバレス(左)とロッキー・フィールディング【写真:Getty Images】

週末登場のカネロ、2年前の圧勝シーンにファン「綺麗な一撃」「野獣だ」

 ボクシングのカネロこと世界4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)は19日(日本時間20日)、WBA世界スーパーミドル級スーパー王者カラム・スミス(英国)と同級王座統一戦に臨む。決戦を前に、米メディアは2年前の12月にカネロが3階級制覇を達成した試合の動画を公開。相手に3度も膝をつかせた強烈な左ボディーに、現地ファンからは「華麗な一撃」「見てるこっちが痛くなる」などと反響が寄せられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 立っていることも難しい、強烈なボディーショットだ。初回、カネロは密着した相手に強烈な左ボディーをお見舞い。あまりの威力にWBA同級正規王者だったロッキー・フィールディング(英国)はキャンバスに膝をついた。その後も攻めるカネロ。2回にはロープ際で同じ箇所に一撃を入れ、またもダウンを奪取。崩れたフィールディングは苦々しい表情だ。

 何とか試合を続行したが、カネロは攻撃の手を緩めない。3回に右フックでこの日3度目のダウンを奪うと、止めはまたも左ボディーだ。左膝をキャンバスにつけ、フィールディングはもはや諦めたかのような苦笑い。レフェリーが試合を止め、カネロの3回TKO勝ちが決まった。

 身長、リーチともに10センチ以上上回る相手に圧勝したカネロ。2年前に行われたWBA同級タイトルマッチの実際の動画を米スポーツチャンネル「DAZN」のボクシング専門インスタグラムが公開。コメント欄には「同じことが週末起こるぞ」「これが2年前だなんて」「最も綺麗な一撃」「彼は世界最高だと思う」「見ているこっちが痛くなる」「野獣だ」「カネロが相手なのが悪い」などと米ファンからの反響が寄せられている。

 19日の試合では、27戦全勝(19KO)の強敵スミスを迎え撃つカネロ。約1年1か月ぶりのリングでどんな戦いを見せてくれるか、注目だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集