[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2020】渋野日向子ホールインワン達成 本人驚き「おお~っ!」ネット騒然「さすが持ってる」

2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)が10月に演じたホールインワンだ。6月以来の国内ツアー復帰戦となった初日でエースを達成。本人も驚いたミラクルショットは話題を呼んだ。

渋野日向子【写真:Getty Images】
渋野日向子【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月の国内復帰戦で自身2度目のエース達成

 2020年も12月を迎えた。スポーツ界は新型コロナウイルスの影響を受けたが、感動を与えるスーパープレーから思わず笑う珍事まで、記憶に残るシーンも誕生。「名珍場面2020」と題し、今年を振り返る。今回は女子ゴルフの渋野日向子(サントリー)が10月に演じたホールインワンだ。6月以来の国内ツアー復帰戦となった初日でエースを達成。本人も驚いたミラクルショットは話題を呼んだ。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 無観客の舞台で、渋野が魅せた。10月30日に開幕した樋口久子・三菱電機レディース初日、160ヤードの8番パー3だった。ディーショットはピン手前に落ちると、そのまま転がってカップイン。打った本人も手で口を覆って「おお~っ!!」と驚きの表情。キャディーと肘タッチをかわした。JLPGA公式インスタグラムは満面の笑みでカップからボールを拾い上げる“ホールインワン証拠写真”も投稿した。

 渋野のホールインワンは、2018年6月のアースモンダミンカップ初日以来2度目。6月の開幕戦以降は米ツアーに参戦していたが、4か月ぶりに復帰した国内ツアーでいきなり成し遂げた快挙にネットも騒然。「生で見てしまった」「すげぇ!!」「希代のエンターテイナー」「さすが持ってるね」「しぶこすごい!」などの声が上がり、平日の昼間から盛り上がっていた。

 ラウンド後、渋野は快挙の瞬間を回顧。無観客試合だったため、渋野にもカップインの音がしっかりと聞こえていたといい、「あの音が聞こえたということは入ったよなと」と振り返った。この大会は結局、予選落ちに終わったものの、久しぶりの国内ツアーで盛り上げた渋野。そして、現在は全米女子オープンに参戦している。

 1打差の単独首位で3日目を終え、悪天候による順延となった運命の最終日はまもなく始まる。この時に見せたようなスーパーショットで日本人初の海外メジャー2勝目なるか、深夜の戦いを日本から多くのファンも応援している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集